まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツユクサ

ツユクサ 全景
ツユクサ科 ツユクサ属
123456789101112

Commelina communis L.

花は幅1.5cmから2cm程度。2枚の青い丸っこいラケット状の花弁をつけ、二つ折りの総苞葉から突き出て目立つ、独特のスタイル。草丈は、高さ自体は15cmから30cm程度だが叢生(束生)しよく広がって半ば立つため、長さは実際には結構あり、1mくらいになるものも普通に見られる。
荒れ地からアスファルトの割れ目から草むらから林縁から、そこら中に生え、見た目のやや貧弱な印象とはだいぶ異なる強靭な生命力を持っている。
開花して時間の経った花に水がかかるとあっさり色落ちもするので雨後には区別しづらいかもしれないが、白花の株や極端に薄い色の株もたまにかたまって見られる。

周囲の様子と全景

ツユクサ 全景 ツユクサ トップ ツユクサ 全景 ツユクサ 全景
赤味がなく渋味もない、水色のように薄くもない、目に沁みる青色が草むらに点々と映える。傘を持っての道すがらでもこの花がちょこちょこ咲いているのだから、梅雨も悪くない、と思う。
ツユクサ 周囲の様子(白と青) ツユクサ 白花の全景 ツユクサ 白花の全景 白い花の個体は大抵かたまって生え、かつ大抵青花の個体と一緒に生えている。
競演が面白い。

花の様子

ツユクサ 前側が同時に咲いている状況 ツユクサ 前側が同時に咲いている状況 ツユクサ 前側が同時に咲いている状況 ツユクサ 総苞葉の中・花
ツユクサ 総苞葉の中・花 総苞葉の中で花柄が一旦二股になり、後ろ側の細い立った柄には一花(0も。)つけ、前側では前方に突き出て散形に3程度の花をつける。 一花つく方は実ができないもの(雄花)が多く数花つく方は結実する花(両性花)が多いようなのだが、互いにそうでもないものも見らればらついている模様。
ひょろっと突き出た花柄と異なり小花柄はどちらも短い。なお、小花柄は花後によく曲がる。

ツユクサ 白花 上になっている2枚の花弁はスコップやラケットのように基部側が柄のようになっている。縁は細かく不規則に前後によれた上に切れ込みもあり、よい影ができて立体感が写ってありがたい。
花弁の基部側は白くなるが境は赤紫になっていて、青からそのまま白にならないところが芸が細かい。
花弁は実は3枚で、もう一枚は下にあり、白く細長くあまり目立たない。
花弁とずれた位置に3枚の丸っこい小さな半透明白色の萼があるが、目立たないため気づかない人もいる模様。花弁とは異なり3枚がだいぶ似通ったサイズ・形状になる。
オシベは6本ある。中央部上側にかたまった3つは大きく蝶結び状で黄色く目立ち、ほとんど装飾的なものの模様。花粉はわずかに出てはいる。中央で少しだけ下に下がった位置にある似たような形ものもはもう少しばかり機能している模様で、はっきり花粉を出している。
下に長く伸びて細い柄が先端で持ち上がってやや葯が内向き(ハの字)になっているいるものははっきり機能し、葯から大量の黄色い花粉が出ている。
メシベは両性花では葯の位置の前後くらいまで伸びている。これがほとんど伸びていないものが雄花と呼ばれる模様。
花の奥の方を見ると、中央に楕円体の薄い白緑の子房が見えている。
質の薄さやしっとりした感じからしても水分で一気に展開しているのだろうが、すぐに花は終わり花弁もシベもしわしわに巻いて真ん中に縮こまって花後は再度萼に収納される模様。

ツユクサ 薄くなった花 この写真を一見すると薄い青味がある花だが…この写真の個体は単に咲いてしばらく経ったものに雨が降り色落ちしたもの。まだ水気が残っているので手で触るとやや色がつく。もちろん実際にこのような薄色の花をつける個体もある。

毛の多いもの

ツユクサ(ケツユクサ) 全景 総苞葉表面や茎の帯状にかたまって生える白い軟毛が目立つ。ケツユクサ(Commelina communis L. f. ciliata Pennell)として品種(形態)として名前はつくが、程度は連続的。

葉の様子

ツユクサ 葉 狭卵形から強い狭卵形で平行脈のある葉。縁は少しだけよれる。

花後

ツユクサ 花後 ツユクサ 花後 ツユクサ 花後 ツユクサ 花後
花後は一旦総苞葉の中に収まるため寂しい感じ。着々と実は膨らんでいる。
後ろの花は顎(あご)を思いっきり持ち上げて後ろに首が折れたような状態になっている。

果実と種子

ツユクサ 果実期の全景 ツユクサ 若い果実 ツユクサ 裂開した果実 花期が終わり花柄が再び総苞葉に収納されていたが総苞葉が傷んで開くため果実が少しだけ頭を覗かせている。細身の楕円体(薬のカプセルのような形状)で、種子を零す。

ツユクサ 種子 種子の質はかなり固く、灰褐色。
表面はいびつにごつごつしていて、合わさる側も途中までそれに近い状態で、中央付近は平坦で縦に筋がある。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F7)(F8)(F9)(F10)
2010(F8)(F9)(F10)
2011(F5)(F6)
2012(F8)
2014(F8)
実確認:
2006(C11)
2007(C8)(C9)(C10)(C11)
2008(C11)
2009(C9)(C10)
2010(C10)

宮城県版のツユクサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。