まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コバンソウ

コバンソウ 花
イネ科
コバンソウ属
Briza maxima L.

ひとつの花のサイズは不明。小穂全体として長さ1.8cm?2.3cm程度。
草丈は20cm?40cm程度。
秋になって色が変わればともかく、それまではとても小判には見えない。
ぶら下がった何かのサナギにしか見えない上に、ヒメコバンソウと違いだいぶ大きいのでちょっと不気味。
よく見ると模様があり結構複雑なデザイン。(それがまた虫っぽいのだが。)
よく言ってもせいぜいわらじ。

全景の様子

コバンソウ 全景 小穂の数は数個で、大きく、小さな小穂が大量につきしゃらしゃらとにぎやかなヒメコバンソウとはだいぶ雰囲気が異なる。

小穂の様子

コバンソウ 小穂(花)拡大 コバンソウ 花 先端も伸びきらないと分からないのだが、互い違いに鎧のように被さった穎は13程度はある。
この外に出ている穎は濁りの強い半透明で、表面は結構つるっとしている。模様はにじむようなものではなく、テープを貼ったかのようにくっきりと不透明についている。
ところどころ、かなりまばらに毛が散生。
小穂の軸はくねくねしながら段々湾曲して下垂している(小穂が思いから、というところが大きいのだろうが。)
この軸にはやや前方向きの半開出毛が生える。
右は少し黄色味が強くなって、膨れてきたもの。

葉の様子

コバンソウ 葉 葉耳は左右がややずれたものがわりと多い。
葉舌は顕著に長く上に出ていて、結構目立つ。
葉、特に一番上の葉は立っているものが多い。


花確認:
2006(F5)
2007(F5)
2008(F5)(F6)
2009(F3)
実確認:
2007(C6)(C7)
2008(C5)(C6)
2009(C3)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。