まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか?

オアメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? トップ
ナス科
ナス属
Solanum sp.

※未同定
花の径・果実径・果実の質・果実の種子数・果実の球状顆粒数・果実期の萼形態からオオイヌホオズキらしいものの細かく見ても全体に中途半端な性質であるため、アメリカイヌホオズキの可能性も捨てきれずこのタイプの植物は判断しきれない(葯サイズもわりと中途半端、一応アメリカ寄りではあるか)

アメリカイヌホオズキのような感じ。近所ではよく刈られたり除草されたりする場所でたまに小群落が見られる。
なお、花も果実も小さなアメリカイヌホオズキは周辺では極めて稀。周辺でよく見られるのは本種とイヌホオズキとテリミノイヌホオズキ(数形態)。カンザシイヌホオズキもたまに見られる。

花の径は平開時に7mm?1cm程度。性状がまちまちなので高さには差が激しいが茎の全長としては60cm?1.3m程度。
基本的に2?4花程度と少ない花の花序で、3花と4花が混じるものが最も多い感じ。群落によっては、ほとんど全てが3花と整っている場合もある。
このタイプでは、1mを軽く超えるような大株になっても、花数・花の径とも基本的に変わっていない模様。
花序は散形でほぼ一点から小花柄を出しているが、花数が少なくても最下の一花が少しだけ(一節分程度)ずれている。
イヌホオズキ類の花冠は日当たり・土壌等の環境や時期(気温)に左右されて白から紫に幅があるがアメリカイヌホオズキ・オオイヌホオズキは周辺ではよく紫を発現している模様。初夏の最盛期にも基本的に薄紫が目立つ花をつける。
茎等の染まりが弱い個体でも花に紫味のあるものがほとんど。

全景と枝ぶり・茎について

アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 全景 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 全景 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 全景
オオイヌホオズキにはわりとはっきり直立するもの(左)から、基部から上部までよく枝を分けて真横に開出しているもの(中)、更には地際から枝がほぼ全て放射状に這うもの(右)まであり、茎の性状はまちまち(アメリカイヌホオズキもテリミノイヌホオズキも。)なのだが、質がなよなよしているものはあまりなく、基本的に硬質ゴムのようで強く押そうがつぶれることはない。また、2年目だったり(長期成育個体)等特殊な状況を除いては、木質化はまずしていなくて、瑞々しい。
近所には地面がかなり見えるような草の少ない赤い荒れ地が多く、そういった土地では這っているか、もしくは高さの3倍以上枝を真っ直ぐ横に開出させて何となく低いテーブルのようになっている。
茎には棘のようになった突起が生え、稜上に多い。節に近づくに従って(下側で)稜は強くなる。
稜とそれにある棘状の突起がバリのように見えるのと質感(見た目も感触も)から、どうもプラの棒のように思える。
それとは別に特に若い部位や花柄・小花柄には鉤状に曲がる白い軟毛が多い。

花と葉の様子

アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 花 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 花と葉 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 葉
花冠は縁や裏側に微細な毛が多い。
裂片は披針形?長楕円と細く基部側でのたるんだような重なりはないか、ほとんどない。萼の裂片の先端と基部との丁度中間に裂け目がくるのだが、そのぎりぎりまで裂けている。
花冠裂片がイヌホオズキのように反ることはないとする人もあるが、数を見ているとそうでもなく完全に反る例も結構見かけるので、そればかり気にしすぎない方がよいと思う。一応、典型での最盛状態では平開。
花柄は葉腋からだいぶ離れた位置から急に90度に出てきて妙な感じがあったのだが、これは葉腋から出てしばらくは茎と合着しているものらしい。
葉は、多くの場合、披針形?狭卵形程度に細身で基部側半分程度に荒い顕著な鋸歯がある。アメリカイヌホオズキの典型タイプと同じ形態をとり、これもまた悩んでいる点。
たまに極端に切れ込みの強い、更に細い葉の個体も見かける。
先端はわりと鋭い。

若い果実と種子の様子

アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 若い果実 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 若い果実 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 果実
アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 熟した果実 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 果実 アメリカイヌホオズキ風オオイヌホオズキか? 種子と球状顆粒
(下段中央の上下組画像は、同じものの4日後。)
果実は7.5mm?9mm程度。果実はつやがかなり強め。
イヌホオズキをマット加工プラスチックや使い捨てしょうゆケース程度、カンザシイヌホオズキを漆塗り程度とすると、一般的なプラスチック程度、若い時期には特につやが強い。

果実期の萼は花期より肥大し鋭尖頭の卵形?長楕円、基部側が果実に張り付き先端側だけ中途半端に反り返る。アメリカイヌホオズキ・オオイヌホオズキで共通だが、イヌホオズキ・テリミノイヌホオズキ・カンザシイヌホオズキとは異なる。
若い果実にはふけ状の斑点がほんの少しだけあるが、テリミノイヌホオズキ群のものと比べると量だけでなくサイズも小さいのでほとんど目立たない。

果実の紫への染まり方は、縦に筋状に緑色をよく残しながら染まっていき何だか複雑な模様で、過程を楽しめる。
熟す頃には萼も濃い灰紫に染まるものが多い。(周辺環境が要因だと思われるが。)
種子は小さく量がかなり多い(90個程度はある)。また、球状顆粒をいくつか持つ。(果皮のわりとすぐ下くらいにあるため、萎びて球を保てなくなるとぽこっと盛り上がっていたりする。)
イヌホオズキやテリミノイヌホオズキ群と比べると果肉の熟す速度が遅いようで、長期間、緑でしっかり形を保っていて、そのためか果皮の張った感じが保たれてつやの強い時期が長い。(そもそもイヌホオズキははなからつやが少ないが。)
この果肉の熟す速度と萼がやや張り付いている性質とが合わさってか、果実は小花柄の基部から丸ごと落ちるものが結構多い。

写真は種子99個、球状顆粒4個、一見球状顆粒のような形成できなかった小型の種子4個。
赤い囲みは球状顆粒、青い囲みは小型の種子。
種子はイヌホオズキと比べると相当小さく、1.2mm×1mm程度。(数は非常に多い。)
球状顆粒は0.3mm?0.4mm程度。

花確認:
2006(F5)(F6)(F7)
2008(F7)(F9)(F10)(F11)
2009(F9)
実確認:
2006(C6)(C7)
2008(C7)(C9)(C10)(C11)
2009(C9)(C10)

宮城県のナス属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。