まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コメツブウマゴヤシ

コメツブウマゴヤシ トップ
マメ科
ウマゴヤシ属
Medicago lupulina L. var. lupulina
and
Medicago lupulina L. var. glanduligera

花は全体で3mmから3.5mm程度、草丈は5cmから50cm程度、這い性が強く全体に間伸びしたスタイル。先端は弱く持ち上がっているものが多い。
花数は多くて16程度。サイズも小さい。

不思議な、他人の眼

コメツブウマゴヤシとコメツブツメクサを引き合いに出す人がネットの質問掲示板での回答者なんかを中心にいるようだが、属すら異なり、正直ほとんど似ていない。咲いている花の様子、終わりかけの花の様子、葉の形や縁、質感、茎の毛の様子、果実の様子、どこを見ても異なる。もちろん、そんな細かいことをいちいち見なくても印象自体から異なる。
色とサイズだけで「似ている」とみなすのは乱暴だと思う。そもそも色も黄色系統ではあるがだいぶ異なる。…そういう人は、ノ ゲ シやオ オ ジ シ バ リの写真を見ても、タ ン ポ ポを候補に入れるよう妙な回答をするのだろうか。…。

二種類の果実

この場所のものは、すべて全草に白い縮れ気味の伏した軟毛がビロードのようにまとわりついている。(葉の毛は長く茎の毛は短い。)
…のだが。果実は二通りが存在開出した腺毛が多くつくものと、白い縮れ気味の軟毛だけがごくわずかにつく(ほぼ無毛の)もの。同じ場所に全く同じように混じって生えている。
果実に腺毛がついているものはMedicago lupulina L. var. glanduligeraでそうでないものは標準的なもの(Medicago lupulina L. var. lupulina)と思われ、一部の目録等で「Medicago lupulina L. var. glanduligera」には「ネバリコメツブウマゴヤシ」の和名が充てられているようなので和名はこれでよいとは思うが、正直わりと連続的でもあるので本当に変種(var.)レベルなのかは微妙なところ。とりあえず分けずにこの文書内では広義のMedicago lupulina L.として記載することにする。

全景の様子

コメツブウマゴヤシ 全景 コメツブウマゴヤシ 全景 コメツブウマゴヤシ 全景
コメツブウマゴヤシ 全景 よく這って、羽毛状に分かれて大量に枝を出している。
基本的には先だけ弱く湾曲斜上するというか少し持ち上がっている。
花柄は長くつんつん湾曲斜上して上に立っているので、花はしっかり目立つ位置。よく枝・葉の影になりがちなコメツブツメクサとはその点でも印象が異なる。
節間の長さからするとバランス的に葉は(花も。)小さめ。節間が結構間延びしているため、枝数が少ない場合かなり不恰好に見える。茎や花柄等各所が長く直線的。バランス上、花や葉が分かる程度に全景を撮影するのは難しい。
ちなみに、赤い渋い色の方も実は同じ場所のもので、土のところではなくコンクリートの隙間で生育している個体。

花の拡大

コメツブウマゴヤシ 花 コメツブウマゴヤシ 花 コメツブウマゴヤシ 花 コメツブウマゴヤシ 花
ひとつひとつの花は半ば閉じたまま背中に反ったような形につんつん伸び立っていて鋭い爪のよう。小さい。総状花序の軸が縦にしっかり発達する上に花数も少ないため、ひとつの総状花序全体は縦長で長卵体、コメツブツメクサ等シャジクソウ 属のようにふんわりしていない。色はレモン系で赤みがない黄色。
萼には長めの毛がある。

葉、葉表・葉裏の拡大

コメツブウマゴヤシ 葉 コメツブウマゴヤシ 葉 コメツブウマゴヤシ 葉裏 葉は三出複葉で、小葉はやや菱形様。最も太った部分より先端側に鋸歯がある。
葉表・葉裏ともに白い伏した軟毛が多量に生える。微毛のせいでも少し白っぽく見えるが、そもそもの色合い自体、彩度が低めでかつ白緑っぽい。

托葉と、茎の毛の様子

コメツブウマゴヤシ 托葉 葉柄基部の托葉は左右から挟むように一対になっていて基部が角ばり気味の耳状になり茎を抱く。
先端側は鋭く尖る。
茎には縮れた軟毛。

果実の様子(開出した腺毛の大量につくタイプ)・種子の様子

ネバリコメツブウマゴヤシ 果実 ネバリコメツブウマゴヤシ 果実 ネバリコメツブウマゴヤシ 果実腺毛
コメツブウマゴヤシ 果実と種子 コメツブウマゴヤシ 種子
花後すぐ花弁がくしゃくしゃに縮こまって枯れて取れ落ち、宿存しないため果実はむき出しになる。分厚い一見円盤のような果実(外してよく見れば腎臓形)が非常に不安定な角度で重なってつく
かなり毛深く、それも腺毛だらけ。
黄色くてきれいな種子は縦横4:3くらいのバランス。

果実の様子(ほぼ無毛でわずかに白い軟毛がつくタイプ)

コメツブウマゴヤシ 果実 毛は少しあるもののすべすべした感じ。腺毛は生えていない。


花確認:
2006(F5)(F6)(F10)
2007(F3)(F4)(F5)(F7)(F8)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)(F12)(F11)
2009(F2)(F1)(F3)(F4)(F5)(F6)
2010(F2)(F3)(F4)(F5)
2013(F4)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C3)(C4)(C5)(C7)(C8)
2008(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)(C12)
2009(C1)(C3)(C4)(C5)(C6)
2010(C3)(C4)(C5)

宮城県版のウマゴヤシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。