まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノアザミ

ノアザミ 頭花
キク科
アザミ属
Cirsium japonicum Fisch. ex DC.

花は頭花の径で3cmから3.5cm程度。草丈は40cmから1.5m程度。
春時期から咲く数少ないアザミ。(他にタカアザミの一部の群落が早い。)
総苞がべたっと寝てくっついていてべたつく(羽のあるアブラムシ等が貼り付いていることもある)のでノハラアザミと区別できる。(時期も異なる。ノハラアザミは夏以降秋まで。)
各所よく見れば結構毛はあるものの、全体に印象として毛が少なくすべっと瑞々しい感じ。
全景はわりとひょろっとしているものが多い。

全景と頭花・総苞の様子

ノアザミ 全景 ノアザミ 頭花と総苞 左の全景で写っているが蕾でもかなり特徴的。
べったり寝た総苞は、大抵濃い渋紫。

葉の様子

ノアザミ 葉 ノアザミ 葉 羽状深裂し各裂片は更に裂けているものも結構ある。各切れ込み部分が角丸四角状にぎりぎりなのでほっそりしている葉が多い。各裂片先端はベージュになり硬く針のようになっている。
無毛ではないがややつやが強い。色は濃緑。
基部はぷっくり拡がって茎を抱いている。

茎の様子

ノアザミ 茎の下部の様子 ノアザミ 茎の中部?上部の様子 かなり下部では開出毛が結構生えているが中部以降は薄っすらとくも毛がまとわりついているだけでどちらかというとすべすべしている。


花確認:
2006(F5)
2008(F6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。