まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ゼニアオイ

ゼニアオイ トップ
アオイ科アオイ亜科 ゼニアオイ属
Malva sylvestris L. var. mauritiana (L.) Boiss.

花は通常、3.5cmから4cm程度。ただし同株内でも結構まちまちで2cm程度から混在する。
茎からすぐのところ(葉より内側)に花がつくので葉がよく茂っているものでは葉に隠れている場合も多い。
ウスベニアオイの変種とされ、種子の毛・葉の切れ込み具合・茎の毛の様子・花色、等を総合的に評価する必要がある模様。

地上部が刈られようが刈れようがまた生えてくる。結構強い多年草。実も多く着くので結構殖える。

全景の様子

ゼニアオイ 全景

花の様子

ゼニアオイ 花 ゼニアオイ 花 ゼニアオイ 花横 サイズも花弁形状も株内で結構まちまち。

茎の様子

ゼニアオイ 茎 無毛のものから少しだけ粗毛が生えているものまでが見られる。

果実の様子

ゼニアオイ 果実 ゼニアオイ 若い果実 果実は径8mmから1cm程度で潰れた饅頭型若い時期には子房表面に軟毛が目立つ。広三角の萼裂片になかば包まれている。

幼生期の様子

ゼニアオイ 幼生期 ゼニアオイ 幼生期の葉 右の段階だと多くの葉は2.5cmから3cm程度で、地を這い気味なのもあって、ややゼニバアオイのようにも見える。
既に3、4枚はゼニアオイ形の葉(大きさもそこそこ)になっている。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F5)(F6)
2008(F7)(F8)
2009(F7)(F10)
実確認:
2008(C7)(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。