まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

モモイロヒルザキツキミソウ

モモイロヒルザキツキミソウ トップ
アカバナ科
マツヨイグサ属
Oenothera speciosa Nutt. var. childsii (L.H.Bailey) Munz

花は、カップ状になり径3.5cmから5cm程度。
草丈は15cmから25cm程度。
基本的によくかたまって繁茂している。荒れた空き地、住宅地内の道路の脇や継ぎ目部分や、埋め込みタイプの植え枡の裸地等、競合が少なめの場所によく見られる。

全景の様子

モモイロヒルザキツキミソウ 全景 モモイロヒルザキツキミソウ 全景 モモイロヒルザキツキミソウ 花序は段々伸びる すねぐらいにかたまって花を咲かせている時期が一番目につくが、放置すると次々に花序が伸びていつの間にかかなり高くなる。ひょろっとして妙な姿。

花と萼の様子

モモイロヒルザキツキミソウ 花 モモイロヒルザキツキミソウ 花 モモイロヒルザキツキミソウ 白の少ない花 モモイロヒルザキツキミソウ 蕾と花後
モモイロヒルザキツキミソウ 萼 カップ状にふわっときれいなカーブで開いているので、柔らかくかわいらしい。
花弁は倒卵形ベースで先端に浅く切れ込んだはっきりした窪みがあり全体が弱い倒心形。先端側は軽く絞ったようにやや細かく波打っている。
花弁基部は黄緑でその周囲は辛子(マスタード)のような黄色にはっきり染まっている。主脈と羽状脈ははっきり桃色に染まり、その周囲にぼんやり少し染まる部分がある。花弁先端側は少し桃色っぽくなる。他の部分は基本的に白い。
探して見ていると色バランスはまちまちで、3枚目のように全体が染まったものもあれば、ほとんど白でツキミソウのようなものまである。
湾曲斜上するオシベは花糸の2/3以上が辛子色。その先は白い。葯はT字について薄い黄色。糸でつながったような花粉が大量について粉っぽい。花粉はクリーム色程度でかなり薄い。
メシベは白い。中央から太目の花柱をオシベの1.2倍程度に伸ばして先端で柱頭が4つにはっきり割れて開いている。
若い蕾は、茎先ごとうなだれている場合が多い。段々立ち上がり、蕾も立ってから開花する。
蕾時期に細いペンシル状の萼は、黄色っぽい薄黄緑の地色に紅色の縦の濃い筋模様でカラフルな感じで、この色の異なる部分が裂ける部分になる。微細な白い軟毛が密生する。
開花時期には先端が裂けないでつながったままになるため、花はそこから横にはみ出して咲く。その後、萼片は折れて倒れる。
なお、下側の細まっている部分は萼筒で、それより下で少し紅色が濃い一旦膨れる部分は子房。
萼片は段々全体的に赤色が入ってきて肌色っぽくなり、最終的に花後に濃い紅色になる。花弁は花後、濃い目の赤紫になる。

葉と茎の様子

モモイロヒルザキツキミソウ 下部の葉と根生葉 モモイロヒルザキツキミソウ 蕾と上部の葉 モモイロヒルザキツキミソウ 葉 モモイロヒルザキツキミソウ 葉と茎
丈や育ち方で変化が多いが、根生葉と下部の葉は羽状深裂する。特に、見慣れていないと幼生期にはこの植物とは思えないかもしれない。
上に行くほど狭卵形や長卵形になり、縁もシンプルに間隔の広い欠刻状・不整鋸歯状になる。縁は鋸歯先端を中心に赤紫に染まることも多い。
先端は鈍頭だったり尖っていたりまちまち。
葉柄は葉の基部の形の都合ではっきりしているが、縁はやや翼状に葉身が続いている。
茎は白い短毛で粉っぽくなっている。

花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F5)(F6)(F7)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2011(F9)
2012(F7)(F8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。