まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ 全景
ベンケイソウ科
キリンソウ属 または マンネングサ属
Sedum bulbiferum Makino

花は6mm?7mm程度。マンネングサの中では小さい方か。草丈は、這うので分からないが、20cm程度には伸びている模様。花期には、不安定ながら上部は立っている。
葉の付け根に小さな芽(ムカゴ)をつけ、それを落として殖える。
下部とそれ以外で葉が全く異なる二形性を示す上に、地際の対生から中部以上で互生に変わっているので、幼生期とそれ以外で全く異なる葉になる。
(野生のものとして三倍体があるとされ、それは通常より各部が大きいようだが、コウライコモチマンネングサ(ムカゴが1cm以上と巨大)ほどにはならないらしい。)

花序と葉の様子

コモチマンネングサ 花序 コモチマンネングサ 花 コモチマンネングサ 花
花序部はやや水平方向によく枝分かれしているためぱっと見の雰囲気には放射状に広がっているように見える。
花数はそれなりにあるし葉との色の対比も結構なものなのだが、小さいことがネックなのか近づかない限りそれほどは目立っていない。
地際の葉以外では、互生でへら形で先端が尖る。葉柄はない。
エッジがある厚ぼったいぷりっとした葉で裏面側の方が膨れが強い。エッジとその手前でのカーブが大きいためその付近に沿って光の反射ができ、形状が分かりやすい。
なお、茎は下部の方で肉色というかやや薄い赤紫褐色に染まっていて、よく見ると濃い赤紫褐色の細切れの筋模様や斑点模様が浮いている。

脇芽(ムカゴ)の様子

コモチマンネングサ ムカゴ コモチマンネングサ 脇芽(ムカゴ。実の代わり) コモチマンネングサ 脇芽(ムカゴ。実の代わり)
葉腋にできるムカゴ。まともに接続していないので触れればもちろんのこと揺れてもすぐぽろっと落ちる。
かなり若い時期からついているものも多い。1?3対の幼い葉で構成されていて、かなりしっかりした稜を持った極めてぷっくり厚みのある形状でかわいらしいが、個体内に相当な数のムカゴができるためそんなことを言っていると殖えて大変なことになる。
この「葉」は広卵形で葉柄も柄状部もない。
写真では他との対比でそれなりの大きさに見えるかもしれないが、花や葉自体が小さめで、ムカゴはせいぜい2.5mm?3mm程度。小さい。

冬姿

コモチマンネングサ 幼生株 コモチマンネングサ 幼生株
幼生株では茎の節間が詰まっていて、葉は、対生ほとんど等幅の偏平な柄状の下部と広卵形で先の尖った上部とで構成される特徴的なもので、若草色ベースに斑模様に渋い色に紅葉している。
この姿から花期のへらのような葉を想像するのは難しいかもしれない。
1cm程度までは立っているがこの状態(3cm以上)になると大抵寝そべったりもたれたりしていて大量に生えている場合以外は目立たない。というわけで、二枚とも掲載時に写真の向きを誤ったわけではない。斜面にこのように生えていたものをそのまま撮ったもの。

花確認:
2006(F5)
2007(F5)(F6)
2008(F6)(F7)
2009(F5)
実確認:
?
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。