まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アレチギシギシ

アレチギシギシ トップ
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex conglomeratus Murray

ひとつの花は2.5mmから3mm程度で小さい。草丈は40cmから80cm程度。
一見輪生状に見える小花序同士が極端に離れているので、空いた印象で、全体に細い。この花序は、周辺でよく見られる他のギシギシの仲間とは見た目が異なり分かりやすい。花序の枝はかなりよく開いて出て、きれいに湾曲斜上してから真っ直ぐになり、密集度も低いので、全体でまとまった穂のようには見えない。
茎等は基本的に強い赤紫褐色に染まり、後期になると全草が強く染まってかなり赤い。(ただし染まらない個体もたまにあり。)

花序と花の様子

アレチギシギシ 全景 アレチギシギシ 全景 アレチギシギシ 全景 アレチギシギシ 若い花序
アレチギシギシ 花序 アレチギシギシ 花序 各枝・花序が細いため、コンパクトカメラでは引いた写真のピント合わせがなかなかうまく行かず間を抜けて後ろの壁等に合焦する。花序のアップでは問題ないのだが。
(下段左は若い枝先。まだ輪生する花序同士があまり離れていない。)
小花序は一見輪生状だが、よく見ると茎の片側についている。枝が出る場合、葉と茎の間に小花序ができている。
花柄の1/3程度の位置から基部側はやや太くその先がこぶ状に膨れていて、その先側は細い柄で下に湾曲している。

アレチギシギシ 花 アレチギシギシ 花 アレチギシギシ 花 外花被片は細い狭長楕円から長卵形で縁の丸みが強く、内花被片は広長楕円。
内花被片同士の間で基部に白いブラシのようなきわめて小さいものが見えているのは、メシベ柱頭。花からやや垂れて薄いクリーム色のひらひらぶらぶらしているバランス的に大きなものはオシベ。その基部の方に極めて小さなブラシ状の半透明の白いものは、メシベ。

葉の様子

アレチギシギシ 葉 アレチギシギシ 葉 縁は縮れたように細かくよれている。基部は弱いくさび形だったり切形だったり円形だったり、わりとまちまち。
下部の葉もギシギシ等と異なりかなり小さめ。

若い果実の様子

アレチギシギシ 若い果実 アレチギシギシ 若い果実 粒体が少し膨らみ、紅くなっている。

果実の様子

アレチギシギシ 果実期 アレチギシギシ 果実の拡大 アレチギシギシ 果実の拡大 粒体がぷっくり膨らみ、花被片全体も段々赤くなっている。最終的には、大抵全草が赤くなる。(結構鮮やか。)
粒体は3つともきっちり膨らみ、花被片内でのバランス的に大きく、かなり強く盛り上がっている。
花被片は縁に鋸歯ができない。ギシギシやナガバギシギシ、エゾノギシギシと比べ、先端はきれいな円頭で形状も長楕円。

赤味がない個体

アレチギシギシ 緑の個体 たまに見られる、赤味が入らない個体。全草緑なのでかなり印象は異なるが、色以外に違いはないので色でだけ認識している人以外は見誤ることもない。
(写真で少し赤っぽく見えるのは、染まりではなくて枯れている部分。)


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F6)(F7)
2008(F5)(F6)(F7)
2009(F6)(F7)
2011(F5)
2013(F5)
実確認:
2006(C6)
2007(C7)
2008(C5)(C6)(C7)
2009(C6)(C7)

宮城県版のギシギシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。