まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ナガバギシギシ

ナガバギシギシ 花序・全景
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex crispus L.

花は5mm程度で大量に付き、草丈は50cmから1m程度、葉は30cm程度にもなる。
アブラムシやアリが大量につき、あまり近寄りたくはない。
ギシギシとはわりと雰囲気が似るがぱっと見て分かる上に、葉の様子や、果実を覆う翼でも判断できる。
葉がより長細く、縁が極端によれて縮れている点や、根生葉の葉柄が長いことでもこの種と分かる。
他のギシギシ属は特に似ていない。
雌雄同株。

全景と穂の様子

ナガバギシギシ 全景 ナガバギシギシ 全景 ナガバギシギシ 全景 ナガバギシギシ 全景
葉が平たくなっておらず曲がって細くなるので、ギシギシと比べればなんとなく全体がスマートに骨ばっかに見える。
ナガバギシギシ 穂 花付きはギシギシ同様に密。

花期の全体の様子とオシベの出ている様子

ナガバギシギシ 花 ナガバギシギシ 花のオシベ ナガバギシギシ 花の拡大 中に見える白い長細いものはオシベの葯で、ずっと短いずんぐりしたブラシはメシベ。

葉の様子

ナガバギシギシ 葉 強く縁がよれている上に、左右がとい状に持ち上がって丸くなり、また、細かい不整な鋸歯もある。
かなり無茶なよれ具合のものも多いのだが、中央脈は先端方向に向けてはほとんど左右にぶれず真っ直ぐで、葉が上下面方向にも重みで少ししなっている程度であまり曲がらないのが何だか興味深い。
ギシギシと比べればかなり細く見える。

果実期の様子・果実の様子

ナガバギシギシ 若い果実 ナガバギシギシ 果実期色変化 ナガバギシギシ 果実期全景 ナガバギシギシ 染まり始めた果実
ナガバギシギシ 果実と種子 ギシギシと同じように濃い茶色(栗色のような、赤味の強い茶)に枯れるのだが、それまでの途中経過が異なる。
ギシギシは白っぽくなってからそのままミルクココアのような薄い褐色になりその後濃い茶色になるが、 ナガバギシギシは多少白っぽくなりつつ、花被片の先端側や縁の方、及び粒体の基部付近から紅色に染まる。 花序軸と花柄(特に基部付近)、萼は強く赤くなり、目立つ。その後、濃い茶色になる。
痩果を包む花被片は、多少よれたりがたついたりはしているが顕著に尖る鋸歯にはなっていない。肉眼ではかなり近づかない限りほぼ全縁に見える。
花被片全体の形状は、先端部と後端部の境は角にならずゆっくり湾曲して移行するものが多い。また、ギシギシほど幅が広くならず、長さの方が幅よりある
3つある粒体のうち、ひとつが大きく、長さ・径ともだいぶ異なる。

ギシギシの色変化 ギシギシ ナガバギシギシ 色変化 参考に、ギシギシの色変化の様子。右は、両種の色変化を示す簡略図。
わかりづらいが、ギシギシでは赤い部分はない。

幼生期の様子

ナガバギシギシ 幼生株 幼生期もよれよれで縁が持ち上がった葉。


花確認:
2006(F5)(F6)
2007(F4)(F5)(F6)
2008(F4)(F5)(F6)
2011(F5)(F7)
実確認:
2006(C6)
2007(C6)(C7)
2008(C5)(C6)(C7)
2011(C7)

宮城県版のギシギシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。