まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメスイバ

ヒメスイバ 雄株全景
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex acetosella L. subsp. pyrenaicus (Pourret et Lapeyr.) Akeroyd

花は1mmから1.5mm程度。草丈は12cmから30cm程度。葉は3cmから5cm程度。
雌雄異株
茎は節毎に赤くなっている。(托葉の基部が赤い。)
花序は最初薄い金色に見える。すぐ朱を通って赤に染まり渋赤になる。
スイバやギシギシのような大きな植物をイメージして探していると、思いがけず小さいので驚く。地下で殖えるせいか密集していることも多く、草むらの一部が赤紫に染まっていることもある。

最初の画像は雄株。

雌株の花序と花の拡大

ヒメスイバ 雌株全景 ヒメスイバ 雌株全景 ヒメスイバ 雌株花序
ヒメスイバ 雌花 ヒメスイバ 雌花 ヒメスイバ 雌花 小さいがきれいな造形。
雌雄同種で両性花をつけるギシギシの仲間ではメシベがとことん目立たないが、雌花だと他にパーツがない分メシベが目立つ。また、花被片とのバランス的にサイズが大きい。(全体が極小だが。)
毛羽立った手のひらのような柱頭が3本というか3枚あり、面を使って三角形になっている。柱頭が中央先端にはなく離れているのが、よく見ると分かる。子房部は3稜の卵体で、わりとすぐ膨らんでくる。
黄白色で透明感がある。

雄株の全景・花序と花の拡大

ヒメスイバ 雄株花序 ヒメスイバ 雄花 ヒメスイバ 雄花 ぷらぷらぶら下がった葯が目立ち、雌花花序より大きく感じる。
個体により程度が異なるが、葯は橙の染まりがある。基本的に開花直後は黄白色。
葯は花糸から直接生える形ではなくぎりぎりの細い軸でつながっているため、微風でもずっと揺れている。

葉と、茎・托葉の様子

ヒメスイバ 葉 ヒメスイバ 茎 かなり細いが顕著なほこ形で、葉柄は長く葉身の3/2程度で目立つ。
茎にかなり沿って上に向く葉が多い。
また、丸まってぴんと張らないものが多い。中央脈は折れ目になって目立つがそれ以外の脈は不明瞭で、全体にのっぺりしている。
托葉は白い半透明のもので、薄すぎるのかくしゃくしゃとなってついている。
托葉基部の紅がいいワンポイントになっている。


花確認:
2006(F6)
2007(F4)(F5)(F6)
2008(F6)(F7)
2010(F4)

宮城県版のギシギシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。