まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キキョウソウ

キキョウソウ トップ
キキョウ科
キキョウソウ属
Triodanis perfoliata (L.) Nieuwl.

花は1.5cmから1.8cm程度、草丈は15cmから30cm程度。
閉鎖花もつけ、大量に結実し細かい種子をこぼすので数年もすると大群落になる。
剣山というかなんというか…歯ブラシの歯のごとく数百のオーダーで乱立している場所もある。
柄がなく極端に茎を抱いている上から下まで同じような大きさの特徴的な広卵形の葉と、花柄が短くすぐにそこに乗っているような花で、すぐこれと分かる。
花は下から順次咲く。各葉腋には1から3程度の花をつけるが、平均的には『上の方では開放花で一花、中部あたりまでは閉鎖花で二花以上』という感じ
なお、大抵一本で直立するが、栄養状態等の都合でかなりの大株になりそこらじゅうで四方八方に分枝している場合もある。
そうなったものはまるで違う植物のようにも見える。

全景の様子

キキョウソウ 全景 キキョウソウ 全景 どの植物でもそうかもしれないが、見慣れると何とも思わないのが普通。でもせっかくだから見つければ立ち止まって改めて考えてみる。…上から下まで同じような大きさの葉が並び、何だか不思議な姿だと思う。

大群落

キキョウソウ 大群落 ここまでになると、ちょっと気持ち悪い。

蕾と花、花後の様子(花の経過)

キキョウソウ 蕾 キキョウソウ 蕾 細長く、深く窪んで星型になった蕾がかわいらしい。開花直前になると、食い込んでいる部分を残しふっくら膨らんで、面白い。
花冠が開いてしまうと分かりにくいが、萼はかなり大きくはっきりしている。

キキョウソウ 花 キキョウソウ 花 キキョウソウ 花 キキョウソウ 花後
小さいものの美しい花を咲かせるのだが、閉鎖花も多い。群落によってはすべて閉鎖花で地味な状態になる。
天気がよいと朝9時頃には並んで咲き揃ってゆらゆら風に揺れている。
キキョウ同様に花冠の色は濃淡や色合いが個体毎にかなりまちまちになるが、濃いものが多い。ただ、デジタルカメラでは実際に見ている印象より紫だけ数段薄めに写ることが多い。(カメラでは明るさと濃さはかなり直結してしまうが、人間の眼ではもうちょっと違う次元なのかもしれない。人間が見た場合は、「明るくてもあくまで濃い」。)
花冠は深く5裂し、中央部ほど色が白っぽくなる。開き具合が弱いとふっくらした印象を受けるが、花冠裂片は披針形から倒披針形で、先端は小さな凸端になっている。脈の色が濃く、特に5本程度先端に向かう筋模様がやや目立つ。(それらを連絡する斜めに走る脈はだいぶ薄い。)
花の中央でつんと立っている花柱の先端では、柱頭が3つに割けてやや反っている。こうして見ると、柱頭部分は偏平で太め。花柱は先端ほど色味が濃いのだが、割けている柱頭は逆に色が薄い。
通常は花柄が極めて短く直接乗っている感じなのだが、たまに2cm近い花柄になっている花も混じる。
花冠裏の、裂片中央脈部には白い軟毛が生える。
極端に小さい萼の場合には見られないが、萼片の基部に近い部分には通常、一対だけ小さな切れ込みがある。閉鎖花にも開放花にも見られる。先端は葉の鋸歯同様に少し膨れてぽっち(突起)になっている。
誰が見るでもないだろうに、自然は芸が細かいな、とか思ってしまう。

葉と茎の様子

キキョウソウ 葉 キキョウソウ 葉 葉は2cm程度で広卵形、基部は強い心形上の方でも大きいままで形状もほとんど変わらない。やや角丸四角状の低い鋸歯が数個だけある。
葉の縁や茎はよく見ると斜め下に真っ直ぐ出ている白い剛毛が稜上に集中して列毛状。(太さやスタイルから行けば「剛毛」になるが、質では軟毛。)
葉裏も脈上にかなり軟毛が生える。

果実と種子の様子

キキョウソウ 果実 キキョウソウ 果実と種子 キキョウソウ 開いた果実とこぼれた種子
果実は狭倒卵体で弱い稜がある。ころんと葉の上で膨れて、ちょっとかわいらしい。萼は宿存する。
渋く鈍い赤褐色に染まる。
閉鎖花の果実はやや小さく、萼も卵形気味で小さい
閉鎖花の萼は3片から5片のものがほとんど必ずと言っていいほど混在し、まちまちになる。サイズも片が少ないものほど小さいので、利用できるエネルギーの都合等色々事情があるのだろう。(※6片の閉鎖花や4裂しかしない開放花も、たまにある。)
閉鎖花の場合、同じ葉腋につくもの同士では、先に咲いて(…閉鎖花だが。)稔る方が萼が最初からやや大きく5片が多いようで、後に出てくるものは閉鎖花内でも小さめで3片か4片が多い模様。また、かなりまれだが2片のものも一応ある。
種子は細かく0.5mm程度。
右は楕円のシャッターが外側にくるくる巻き上がって種子をこぼしている様子。
シャッター部は、典型的な開放花では3あり、典型的な閉鎖花では2あるのだが、4裂の開放花や萼5片で大きい閉鎖花でいくつあるのか調べていないので、開放花か閉鎖花かで決まっているのかどうかはわからない。エネルギー的な問題で構造が決まるのであれば、開放・閉鎖の問題ではなく子房部の発達具合で決まると思われるので、今後調べる必要がある。
種子は丸いが、横から見ると丸みのある稜がある。一応はレンズ形の模様。

萼比較用の画像

キキョウソウ 萼比較用(蕾の写真) 上から4つ、開放花の蕾、下の方には閉鎖花の既に膨らみ始めた子房(ピンボケしているもの)が見える。紫味すらまだない極めて若い蕾でも開放花の萼はかなり大きくて細身。

閉鎖花の様子

キキョウソウ 閉鎖花 キキョウソウ 閉鎖花の拡大
閉鎖花の退化花冠は上部の平坦部に張り付いた感じになっている。ぽっち状に盛り上がっている部分だけでは、高さ0.3mmから0.5mm程度しかない。
日陰で片手持ち、しかも両ルーペ接続で超微細にしないと写らないので被写界深度はシビア、光量はまったく足りずだった。名刺サイズの小さなレフでフラッシュが拡散した分も取り戻させようとしたものの植え込みで邪魔になり微妙なことに。そもそもフラッシュをレフする形では、撮影の前のAFでの合焦ができない。
装備のせいで色がやや飛んで褐色になったが実際にはもっときれいな紫。
(ちなみに、晴れた日で日向であれば今の装備で大丈夫。ちょっと残念。)

4裂の花と6裂の花の様子

キキョウソウ 6裂の花 キキョウソウ 4裂の花 キキョウソウ 4裂の花
5裂が基本だが、4裂・6裂もそう珍しくない。萼が5片の閉鎖花より、少し少ないか、というレベルで見られる。

花確認:
2006(F6)
2008(F5)(F6)
2009(F5)
2011(F6)
実確認:
2008(C5)(C6)

宮城県版のキキョウソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。