まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ナズナ

ナズナ トップ
アブラナ科
ナズナ属
Capsella bursa-pastoris (L.) Medik.

花は1.5mmから2mm程度で、一株に随分な数が咲いている。草丈は15cm程度が一般的か。環境により30cmから60cm程度にもなる。栄養状態のよい場所では分枝もよくする。
ペンペングサ春の七草
花はどれもそれほど変わらないが草丈や果実のサイズはかなりまちまちで、栄養状態の良い場所で異様に巨大化しているものも多い。
詰まった花序で上にかたまって咲き、花後には軸間が強く伸び随分空いて総状なのが目立つようになる。
一本で直立している印象が強いかもしれないが、よく見ていると、下の方で結構分枝している。

全景の様子

ナズナ 全景 ナズナ 全景

花序と花の拡大

ナズナ 花序 ナズナ 花 ナズナ 花の拡大 小さくていちいち見ていない人も多いと思うが、こうして見るとちゃんとアブラナと同じ形。倒卵形に柄のある形状の花弁で、うっすら3脈程度見える。オシベは6本ある。柱頭の位置より少し(葯の1から1.5個分程度)出ている模様。花弁の半分程度のスプーンのように丸くなった卵形の萼が花弁の間に見えている。
萼等ところどころが紫褐色に染まるのでよいアクセントで、全体に渋い印象で引き立つ。
萼には外側に白い長軟毛が何本か生える場合があるが、アブラナ科ではよく見られ、どの種類でも個体や群落毎にあったりなかったりまちまちするのが普通の模様。

葉と茎の様子

ナズナ 葉 ナズナ 葉・茎 ナズナ 葉
茎葉は結構毛が多く、特に縁には長い毛もまばらに生える。形状は広線形でシンプル。基部は左右で後方内側に尖って、茎を抱く
茎はほとんど無毛なのだが、ところどころ非常にまばらに長い白い毛が開出して生える。

果実の様子

ナズナ 果実 特徴的な偏平な逆三角で長さ3mmから1cm程度(大抵は3mmから6mm程度)。中央で割れる。中央が縦に凸レンズ断面形の薄い仕切りになり二室になっている。
花柄は果実期にはかなり伸び、大きくなった果実の2倍程度の長さになる。細いがしっかりしていてほぼ開出し少し斜上。先端側で果実のつく部分は小さな円錐状に膨れている。

冬場のロゼットの様子

ナズナ ロゼット期の葉の様子 根生葉はかなり極端に羽状深裂し魚の骨のよう。細い片は弱いS字状にくねっているものが多い。時期や環境、個体によるが、全体が濃い紫になっているものも多い。葉を気にしていない人には、これがナズナと結びつかないかもしれない。


花確認:
2006(F3)(F4)(F5)(F6)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F8)(F10)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)(F10)(F11)(F12)
2010(F1)(F4)(F5)(F10)(F11)(F12)
2011(F10)
実確認:
2006(C4)(C5)(C6)(C11)(C12)
2007(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)(C8)(C10)
2009(C2)(C3)(C4)(C10)(C12)
2010(C1)(C11)(C12)
2011(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。