まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ワルナスビ

ワルナスビ トップ
ナス科
ナス属
Solanum carolinense L.

花は2.5cmから3cm程度で草丈は25cmから60cm程度。バランス上、花は結構大きめ。全体に質は硬くしっかりしていてやや浅い角度でいくらか分枝している。
花の裂片はかなり太めで切れ込みは浅いので、かなり太い星。
花序はやや複総状のほぼ総状で、果実期にはやや間延びして横に伸びるようになる。
花色は白から薄紫の間でまちまち。白地に薄紫の模様が全体的に混じる感じのものが多い。
葉は深めに切れ込み、裏側の脈状にのみ鋭い棘がある。茎は紫に染まり、棘がある
棘がかなり鋭く長いので、これのある草むらには下手に近寄らない方がよい。
一度ひっくり返された空き地や、畑の脇等によく見られる。

白いものを品種(forma.、形態。)の「シロバナワルナスビ」として区別する場合もあるようだが、薄紫のもの・白のもの・両方混じるものとはどう見ても連続的でまちまち、これらを分ける意図にはどうも賛同できない。
ナス科の中でも特に6裂する花冠が多い感じを受ける。

全景の様子

ワルナスビ 全景 ワルナスビ 全景 ワルナスビ 全景
縮こまった最盛期の花序は多花の場合は毬のようにもなる。

花序と花の様子

ワルナスビ 花序 ワルナスビ 花序 花序の様子。たまに枝のある総状なので、一応は複総状。とはいえ、ほとんど総状といえる。後期には花序の形が分かりやすい。
下から伸びて咲くため、先端ほど蕾が小さく花柄も短くうなだれているので、咲いている花で周囲を囲まれ内側に隠れる。

ワルナスビ 花 ワルナスビ 花 ワルナスビ 花
左から、ほぼ花柱がなくいきなり柱頭がついているだけのもの・短花柱花・長花柱花の様子。これらは別個にあるというわけではなく、基本的に混じって咲く。花柱は先端ほどやや太くなり、薄い白緑。柱頭とその付近だけ濃い目の緑色になっている。
5裂する花冠裂片にはそれぞれ3本ほどの脈筋が見える。全体的にややだぼっとしていて、縁は特に波打っている。目立たないが、基部は黄緑。
バナナのような黄色い葯がかわいらしい。先だけ穴が開いて花粉が出るので、周囲が粉っぽくならずすべすべ。
よく見れば、湾曲した短い花糸がわずかに葯の基部の方に見えている。
葯が斜めに写るように撮らないとそれっぽく見えないので撮影時の向きに注意。(真正面からだと長い葯だと分からない。)

葉・葉の棘の様子

ワルナスビ 葉 ワルナスビ 葉裏 狭卵形ベース(基部の裂片が強いので狭三角形状。)で縁は強い不整波状歯牙になる。裂片はやや膨らみがあり卵形・狭卵形。葉裏の脈上には硬く鋭い棘が散生し、下手に触るとかなり痛い。揃って垂直に生えてはいないので、気をつけて触っても刺さったりする。
軟毛も多く生える。

果実の様子

ワルナスビ 果実 ワルナスビ 果実 まだ未熟なものと、熟して黄色くなったもの。未熟な時期の縦の模様が独特。またこの果実から大量に殖えるのだろう。
大きいものでは2cm程度あるが、大抵1.5cm程度。
なお、ただでさえ数の多い果実だけではなく根の裂片からも殖えるという性質を持っている模様。一度耕作地に入り込んでしまうと駆除しきるのが難しいだろう。力で引っこ抜いてかけらを残してしまうより、周囲の土ごとをばこっと上げてふるいで土落としする方がよいと思う。

幼生期の様子

ワルナスビ 幼生株 質も葉形も変わらず、葉裏脈上の棘も見られるので、正直育ったものとそのまま同じ。


花確認:
2006(F6)(F7)(F8)(F9)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F8)(F9)
2011(F6)
2012(F8)
実確認:
2006(C8)(C9)(C10)(C11)
2007(C8)(C9)(C10)
2008(C8)(C9)
2009(C9)(C10)

宮城県版のナス属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。