まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ 全景
キク科
アザミ属
Cirsium vulgare (Savi) Ten.

花は頭花の径で3.5cmから4cm程度。棘状で強く開出した大量の片で構成される卵形の総苞の上に赤紫の大量の筒状花をつける。
草丈は80cmから2m程度。
上部までよく分枝し、花付きは極端によいため、次世代が周辺に大繁茂する。
上部でもしっかりした枝を斜上して突き出している。
周辺で見られるアザミ属はほとんどがこれで、激しく繁茂している場所では数十cm間隔程度で大量に生えている。
少し環境が整うと咲くのでわりと長い間花を確認できる。
荒れ地や路面間等の痩せ地でも寒い時期でもきちんと巨大化して、場所によっては真冬にも咲いている。
茎や葉は毛のせいで灰っぽい暗い青緑に見え、また黄色味がない個体が普通。

全景と頭花周辺

アメリカオニアザミ 全景 アメリカオニアザミ 全景 アメリカオニアザミ 全景 アメリカオニアザミ 盛りを過ぎてやや見た目が汚い状態
アメリカオニアザミ 花序周辺 アメリカオニアザミ 花序 上段右端はピークのやや後の状態。早期に総苞が褐変するので全体的に色合いがちょっと汚いがかなり賑やか。やや開いて突起になった総苞片のいがいがは、乾いて硬くなるのが早いので花期より結構痛い。
ところどころに見えるやや褐色の入るもやもやした毛は、綿毛状の冠毛をつける果実が雨等でまとわりついたもの。

咲き始めと咲いての花の拡大

アメリカオニアザミ 咲き始めの頭花 アメリカオニアザミ ちょうどいい時期の頭花 総苞には、汚くまとわりついた裂きイカのような感じの毛(くも毛)が大量に生える
なお、総苞片の先端は薄黄色の硬く鋭い棘になる。
咲いた頃には総苞は細くもなく太くもなく丁度卵くらいの形。

花を更に拡大

アメリカオニアザミ 頭花拡大 アメリカオニアザミ 蕾拡大 アメリカオニアザミ シベ拡大・花粉 外側がある程度咲いた後、展開が始まり中央部が見えるようになっている個体。中央部の花はまだ蕾。
クリーム色の大量の花粉も見える。

葉と茎の様子

アメリカオニアザミ 葉 アメリカオニアザミ 葉 葉は濃緑で強い色
羽状深裂しているが、実際の立体としての造形は単純な形ではない
細い葉身のある軸に対し間隔を置いて2回ほど裂片が出ている(下部では4から6回程度)が、実は各裂片の塊は独特で、細身の片が横にほぼ真っ直ぐで上面側にやや持ち上がった状態で面を斜め前方に傾けて出て、それと本体葉身との間に同様に斜め前に面を向けたやや小さい片が下面側にやや下がって前方向きに出ている。
このため葉を先端側から見ても裂片の部分は面が見える。
中部以降の葉では葉全体がやや持ち上がってついているため、この「面」は丁度真上を向くような形になる。

縁は裏に細く巻いていて、脈の窪みもしっかりしている点も併せて、一見厚ぼったく見え、実際垂れずにしっかりしている。 が、触ってみれば質そのものはそれほど厚くない。巻くことと太い脈とで構造を丈夫にして横向きを保っているのだろう。
葉脈はかなり太く、表からははっきり窪み裏からはかなり強い畝になっている。目立つ。
葉の裂片先端は長いベージュ・生成りから薄い黄褐色の2cm程度ある長い棘状突起になっていて、硬質でよく刺さる。脈からそのまま連続していて、突き出ているような状態。葉縁との境界で急に細くなって弱い段になっている。
2回ほどある裂片の塊部分では、裂片同士の間の切れ込み部分からも短いが鋭くはっきりした棘が出ている。
大きな裂片以外にもがたがた不整になっている葉縁の各所で普通の毛の中で間隔を置いて棘状の短い毛が出ている。

葉裏では下向きにやや寝た白い長毛が密生していて、表側・上側から見ている際と印象が全く異なる。
葉の表は一見つやが多少あるため無毛かと思いきや、近づいてよく見ると若い部分や小さい部分(裂片等)を中心に斜めに出る白い直剛毛が、想像よりかなり多数見られる。この毛が斜めに立っているので「縁」でばかり目立って生えているように見えているが、実際には全体的に生えていて、そもそも葉縁は裏に巻いているので見えている「縁」は葉の縁ではない。
縁から突き出ていないこの毛に関しては、ざらざらするものの硬くなく、特に痛くはない。また、この毛があるためやや灰っぽく見える模様。

アメリカオニアザミ 茎とひれ状の翼 茎は縦に幾本も太い畝と窪みで筋になっていてきれいに葉とも連絡している。
また多数の長いひれ状の翼があり、葉縁とそのまま連絡している。
この種は急速に茂る点や冬でも立ち上がって大株が咲いているのが見られる点があるが、 葉面を立体構造にすることであらゆる方向からの光を多量に受け取りまた多数の葉があってもこの形のために隙間から茎部にまで光を受け、 太い脈でつなぎ、水も栄養も、かなりの勢いで生産しやり取りしているのかもしれない。
また、葉や翼の裏面や茎面が多毛なので、熱が逃げず寒い時期の光合成能力もそれなりにあると思われる。
痩せ地でも路面間でも基本的に巨大化し、寒い間にも立ち上がる。花数も小花数も多い。蔓延るのは当然かもしれない。

果実期の様子と果実

アメリカオニアザミ 果実期 アメリカオニアザミ 果実の溢れる冠毛 アメリカオニアザミ 果実期 総苞が窄まったまま濃く褐変し、熟すと総苞が展開する。各果実はつんつん中で多数立った小花の苞にしばらく挟まっていて冠毛は窄まっている。
右で中央に移っているのは、苞片だけつんつん残ったもの。みんな飛び去った後。

アメリカオニアザミ 果実 アメリカオニアザミ 果実 アメリカオニアザミ 果実の冠毛 アメリカオニアザミ 果実
長く丈夫な放射状の冠毛を持ったごつい痩果で、痩果形状は偏平な細身の倒卵形、少し膨れていて断面は菱形。
こげ茶色の掠れ模様がある薄いベージュで、ルーペで見ると微毛が密生している。
冠毛は軸を持たずに痩果にリングキャップ状に被っていて、触るだけで簡単に外れる。
痩果が既に取れて冠毛だけになったものがふわふわ漂っているのもよく見られる。
冠毛は剛毛で基部側が橙系の褐色で先端側は白い。よく見ると羽状に微細な毛が生えている。この毛があるためか全体にかなりふわふわ柔らかい感触。

芽出し後早い時期からよく育ったロゼットの様子

アメリカオニアザミ 芽出しの時期 アメリカオニアザミ 育ったロゼット アメリカオニアザミ 幼生株ロゼット 卵状楕円形の葉には、白い毛がぷつぷつ生える。基部で葉面が盛り上がってやや色が変わっている場合が多い。
右のような状態の時期には多少傷んだりしてやや黄色が強く、色味も薄めで濃緑のことは少ない。かなり軟らかく、今後あの葉をつけるとは見慣れていないと到底想像もつかないかもしれない。
(中央の写真の右側に見切れているのも、更に育って切れ込みが少し深くなった同じアメリカオニアザミ。)
右は、「準備完了」と言った感じ。もう少し暖かくなれば急激に立ち上がる。


花確認:
2006(F6)(F7)(F8)(F11)
2007(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)
2009(F4)(F5)(F6)(F8)(F9)(F10)
2011(F4)(F5)(F6)
2012(F5)(F6)(F7)(F8)
2013(F5)
実確認:
2006(C7)(C8)(C10)(C11)
2007(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)
2008(C6)(C7)(C8)
2009(C8)(C9)(C10)
2011(C6)(C7)
2012(C7)(C8)

宮城県版のアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。