まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハイミチヤナギ

ハイミチヤナギ 花序
タデ科
ミチヤナギ属
Polygonum arenastrum Boreau

※厳密には未同定
花は6mm程度、草丈は30cm程度。どの場所からも頻繁に分枝する。多少這う傾向が見られる典型タイプのものでは葉が小さく茎節感が狭い。
花は葉腋に1?3、たまに5程度つけ、よく見ると短い花柄がある。
花弁のように見えるものは萼で、蕾の間は赤い個体もある。(この個体は、赤い。)
開いた頃には基本的に緑で縁が白い。(同一個体でも時期により赤くなっている。気温等が関連するのだろう。)
多年生で、下部が木質化している個体もよく見られる。

(這っているか直立しているかではミチヤナギとハイミチヤナギは区別できない。(個体差が大きい。))

厳密な基準をどれとするか色々なようなので、ミチヤナギとハイミチヤナギは今のところ個人的に同定不能。
一応全体の印象・葉・節間・萼片の裂け具合から、上段のセクションがハイミチヤナギで下段のセクションがミチヤナギではないか、と考えてはいる。(※どちらも痩果断面は正三角形ではない。)

ミチヤナギとハイミチヤナギの識別点とされる場合もある痩果

ミチヤナギ・ハイミチヤナギの痩果比較図 簡単に図示すると左のようなものなのだが、現実、他の性質で分けた際に痩果の性質と一致しない。逆に痩果で分けた二群について細かい部位を含めた他の形態差で偏った傾向が見られないので、本当に痩果の差異が種の差異に丁度相当するのか個人的には懐疑的。
eFloras.org等で記述を比べても、萼片の裂け具合の差異について記述はあるが痩果の形状については言及はない。

●典型的なタイプ

這い性が強めで節間が短く、葉も小さいもの。
上の写真もこのタイプ。

花の拡大

ハイミチヤナギ 花 花被片は5枚あり、切れ込みの具合から一応、内側2枚と外側3枚に分かれる感じ。
内側2枚は長楕円か倒長楕円で中央脈付近の染まりが弱い
外側3枚は長楕円状卵形で更に縁が斜めに上面側に湾曲して持ち上がっているためぱっと見三角に見え、染まりが三角形に広くなっている。
内側の花被片は基部が円形で何となく花弁のように見えたが、どちらも基部は同じ位置から出ているようで全て萼だと思われる。一応奥でつながっていて、中途半端な筒を形成している。

全体、葉・蕾の様子

ハイミチヤナギ 花序 ハイミチヤナギ 花序 茎には、縦に筋が入る。
長く伸びた茎でも節間は上部でも下部でもかなりつまった感じ。

痩果の様子

ハイミチヤナギ 種子 ハイミチヤナギ 種子 花後萼は再び閉じて子房を包み、裂片基部側半分くらいでは、膨らんだ子房が萼を押し広げ内側の花被片が少し押し出されている。
痩果はいびつな3稜形で、黒に近いこげ茶
丁度稜を外側の3萼片が覆う形で、残りの内側の2萼片は面に丁度張り付く
一面は萼片がなく、この面が極端に狭くなる。
また、残りの2面は1面が特に幅広く安定した平らな下面に見え、もう一面は最も狭い面と一緒に上面2面を作っている、というような印象。
稜は角になっておらず丸っこくぷりっとした感じに膨れていて色がやや明るい。
稜は全て同じ感じなので、狭い面は少し面部分が窪んでいるように見える。
萼片が包んだ状態では、1面が狭いのは目立たずむしろ最も広い面だけが際立っていてより「下面」のように見え、他の2面が上面に見える。
また、見てきた限り必ずではないが、ほとんどの場合、最も狭い面の方向に先端がやや曲がっている。

●おそらくミチヤナギ(極端にミチヤナギ然としたタイプ)

ミチヤナギ トップ 痩果を基準に考えた場合(※個人的には懐疑的)ハイミチヤナギだが、他はミチヤナギそのもの。
個人的にはこれはミチヤナギだろうと考えている。
大抵地面には横向きに潜るものの基部付近で分枝している横枝を含めて全ての茎がすぐ極端に上に湾曲して完全に直上し、 葉もかなり大きく長さ3cm?3.5cm程度、幅も広いのでのっぺりしていて、茎の節間もつまっていない。
萼の裂片は合着部と比べ3倍程度とかなり長い。(裂片が合着部よりずっと長く2/3から3/4程度あるのはミチヤナギの特徴。)
そしてこのタイプでも痩果は1面が極端に狭い
この周辺では年々各種の草本が花部分以外顕著に大型化しているため、 温暖化の影響と肥沃な草地がなくなっている影響(※荒れ地が増えていて、こういった場所で育つ草の種類はかなり限られるので競合相手が減り巨大になりがち。マ メ 科とイ ネ 科がほとんど。)が大きいのかもしれないが、痩果の形状は関係なくこういったものはミチヤナギではないか、と個人的には思われる。

※花の特徴・果実・痩果の特徴は上の典型のものでの記述を参照。ただし萼裂片は合着部より長い。

全景と花の様子

ミチヤナギ 全景 ミチヤナギ 花

葉の様子

ミチヤナギ 葉 随分大型で広くなった葉。

花後、若い果実の様子

ミチヤナギ 若い果実 ミチヤナギ 若い果実 ミチヤナギ 若い果実
花後再び閉じた萼。
右の写真の果実では、左側が最も狭い面になる。(内側の萼片がない。)

萼に包まれた果実の様子

ミチヤナギ 若い果実 ミチヤナギ 果実

痩果の様子

ミチヤナギ 痩果 ミチヤナギ 痩果 外側になる3萼片を取り除いたもの。
内側になる2萼片がちょうどない部分で痩果の面が狭いのがわかる。

ミチヤナギ 痩果 ミチヤナギ 痩果

花確認:
2006(F6)
2007(F7)
2008(F8)(F9)
2009(F3)(F4)(F8)(F9)
実確認:
2006(C6)
2008(C7)(C8)(C9)
2009(C3)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。