まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アレチハナガサ

アレチハナガサ 花序
クマツヅラ科
クマツヅラ属
Verbena brasiliensis Vell.

花は6mm?7mm程度。草丈は50cm?2m(!)程度で、1m?1.2m程度のものが多い。
花は、中央付近が白く縁に向けて少し色味が強くなる薄紫の花冠。はっきり突き出たヤナギハナガサと異なり横から見て筒部は少ししか見えない。というわけで、形状は、(花冠が萼から通常出ないので分かりづらいが一応、)筒状になっている。
なお、シベは突き出ない。
株元と上部で頻繁に左右に枝を出して分岐し、花序は濃い渋紫と花の薄い色との対比がきれい。だが、実際に小さい上に更に全体のバランス的にも小さいためかなり地味。
上部の茎は段々渋い赤紫味が出る。(萼は更に色が濃くなる。)

全景

アレチハナガサ 全景 アレチハナガサ 全景 コンパクトカメラでは全景の撮影が難しい植物。コンパクトでは近寄らずに撮る場合、細く小さなものは無視して背景にピントが行ってしまう。また、lコンパクトではレンズが小さく全体にシャープになりやすいため背景に被写体が埋もれてしまうので、テレマクロのようにズームしまくって離れてマクロにするとよい。
ただ、多くのカメラでは被写体のシャープさは一気になくなる。(マクロが異様に得意なリコーのカメラならあるいは…。)

花の拡大

アレチハナガサ 花序 アレチハナガサ 花 アレチハナガサ 花序
尾状(穂状)になっている。渋い赤紫褐色が花の色の薄く明るい印象を強めている。結構絞まって見えるので近くから見ると雰囲気はかなり雄々しい。

下部の葉、上部の葉の様子

アレチハナガサ 下部の葉 アレチハナガサ 葉基部 アレチハナガサ 上部の葉
葉は十字対生なので90度ずつずれてつく。
深めの鋸歯があり、下部の葉ではより顕著。また、基部付近で鋸歯が大きいものがあるため3裂状のものも多い
上部へ行くと徐々に鋸歯もなくなり、細くなる。線状披針形。
葉の基部は、膨らんで茎を抱くことはなくくさび形で茎と同じ幅でくっつく。

茎と茎の内部

アレチハナガサ 茎 アレチハナガサ 茎の髄 茎の断面ははっきり四角く、はっきりとした突き出た稜がある。他の?ハナガサのように多くはないが硬めの細かい毛が生えているため、触るとかなりざらつく。
中空のヤナギハナガサと異なり、中実。白い髄がある。咲いているのを手折るのはしのびなかったので、昨年の木質化したというか枯れたような既に冬場に折れている部分のすぐ下を割ってみた。
ちなみに多年草で、この黒い部分のすぐ下の方で新しい茎が分枝して生え花が咲いている。


花確認:
2006(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F12)
2007(F1)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F7)(F8)(F9)(F10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。