まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イヌタデ

イヌタデ
タデ科 イヌタデ属
123456789101112

Persicaria longiseta (Bruijn) Kitag.

花序の長さ3cm程度、ひとつの花は1mmから1.5mm程度。草丈は、下部で這うのでよく分からないが15cmから高いもので30cm程度。よく分枝する。
茎も赤く染まる。
ハルタデと異なり花は全体が桃色のものが多いが、白の個体や混じる個体もあるので注意。
荒れ地や道路脇、路上の隙間等にも生え草地、林縁等にも生え、姿が多様なので面白い。たまに似た姿になることがあるものに、ハナタデ(ヤブタデ)というこれより地味な種類がある。
長い期間見られるが、秋が主で春や夏には少ない。
そのうちこのページも補間するが、ハナタデ(ヤブタデ)のページの方にイヌタデの情報も多く載せているので当面そちらを参照。

感覚としては最も生活場所で身近なタデという気がしていたが、最近ではあまり見られない。

花序の様子

イヌタデ 花序 タイミングが悪く咲いている花がないが、一応。
花毎に密着した短い苞葉部があるようで、縁に長い直毛がつんつん花序から突き出ている。

葉と托葉の様子

イヌタデ 葉・托葉鞘 イヌタデ 葉 イヌタデ 托葉鞘 葉には斑点がないものから三日月形の斑のあるものまでまちまち。縁に少し毛が生える。
葉形は卵形から、やや短く狭卵形のもの、同じ太さでやや長めでシルエットがかなり細身で披針形のものまであり変化が大きい
基部も円形だったりくさび形だったり。披針形のものでは、一旦くさび形に細まってその後最基部の部分が等幅になっている場合も多い。
托葉は鞘状(筒状)の甘皮のようになる。
托葉鞘の縁にはバランス的に相当長くやたらつんつん目立つ毛がある。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2007(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F9)(F10)
2011(F10)
実確認:
2008(C8)(C9)(C10)(C11)
2009(C9)(C10)
2011(C10)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。