まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ニガイチゴ

ニガイチゴ 花
バラ科
キイチゴ属
Rubus microphyllus L.f.

花は2.5cm程度、丈1.5m程度の小低木。枝は頻繁。横に張り出し長く伸び若干枝垂れ全体では2m以上になる。
他のキイチゴの仲間と比べ明らかに花弁バランスが悪い。細長くしかもよれていて、花弁同士の隙間がかなり空く。

全体の様子

ニガイチゴ 全景 ニガイチゴ 枝全景 あたりじゅうを埋め尽くす群落ができていた。

花と花後の拡大、短枝の様子

ニガイチゴ 花 ニガイチゴ 花 ニガイチゴ 花
上述の通り花弁が細長い
花弁の基部側の中央は紅に染まるものが多い。
ニガイチゴ 花後・若い果実 ニガイチゴ 葉・枝 若い果実と短枝の様子。花後は一旦萼が閉じ果実の準備ができればまた開く。
短枝はかなり短く詰まる。短枝ごとに数枚の葉と数個の花をつける。各種文献によれば1から2が多いようだが、 昨年1から2だったこの同じ枝(同じ個体の同じ枝を観察)で今年は2から4の範囲で、3が普通になっている。
各枝自体は数年(3年程度)で枯れるそうだがそれまでのサイクルで花つき等は変わる模様。
花は上向きに生え、咲くのは上か横向きで、下向きにはならない。

葉の様子と茎の拡大

ニガイチゴ 葉 ニガイチゴ 葉 ニガイチゴ 茎
3cm?大きいもので5cm程度と、かなり小さくかわいい葉をつける。
丸っこい3裂葉で、切れ込みは浅い。縁は重鋸歯。
縁が大抵赤く染まっている。基部は若干浅心形というかサイドが丸く垂れている。
茎は、まばらに、細くて少しだけ前方に湾曲した棘が生える。
また、赤く、表面が少し粉っぽく白いので、目立つ

果実の様子

ニガイチゴ 液果 ニガイチゴ 液果 果実は液果の集合で、周辺では、4、5粒程度しか稔らない場合が多い。
ひとつの液果は3.5mmから4mm程度。色は若干オレンジ味があるので、赤と言うよりはスカーレットと言ったところか。一応、黄色系ではなく赤系
甘酸っぱくておいしかった。

種子の様子

ニガイチゴ 種子 1.5mm程度。
乾いたものをよく見ると皺だらけで面白い。

冬芽の様子

ニガイチゴ 冬芽

花確認:
2006(F5)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)
実確認:
2006(C6)
2007(C5)(C6)
2008(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。