まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヨウシュチョウセンアサガオ

ヨウシュチョウセンアサガオ 花
ナス科
チョウセンアサガオ属
Datura stramonium L.

花は径5cm?6cm程度、長さ6cm?7cm程度、草丈は30cm?50cm程度。
花には薄紫が混じる。
一見まだ咲く前のようだが、これで咲いていて、ほとんど開かない。蕾のうちは直立するが花は咲くにつれ段々下向きになり、最後には脱落する。
全草にアルカロイドを含み猛毒。
うかつにも破れた花弁に触ってしまい、その後しばらく、トウガラシに触ったように指先がピリピリしていた。

角のある直立した蕾をオクラと間違えて食用し中毒するという例があるようなので、注意!

全体の様子と花の拡大、花の中の様子

ヨウシュチョウセンアサガオ 全景 ヨウシュチョウセンアサガオ 花 ヨウシュチョウセンアサガオ 花拡大
あまり開かないので通常は見られない。

葉・蕾と果実の様子

ヨウシュチョウセンアサガオ 葉 ヨウシュチョウセンアサガオ 果実 ヨウシュチョウセンアサガオ 果実
大きな鋸歯というか欠刻がある。
葉に毛はなくつやつやしている。
果実は棘のある下膨れの長楕円形というか、卵のような形状。
チョウセンアサガオやケチョウセンアサガオと異なり、果実は直立する。

果実の様子

ヨウシュチョウセンアサガオ 熟果と種子 熟して褐色になり4裂した果実。中に2mm?3mm程度の黒く、乾いて皺になった種子が大量に詰まっており、徐々に零れ落ちている。


花確認:
2006(F6)(F8)(F9)(F10)
実確認:
2007(C6)(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。