まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミチバタガラシ

ミチバタガラシ トップ画像
アブラナ科 イヌガラシ属
123456789101112

Rorippa dubia (Persoon) H. Hara

花は、半開きの状態になり径2mmから3mm程度。各部を見ればそれほど似てはいないがやや似た感じもなくはないアオイヌガラシより、小さい。色の分類上茶色に置いているが、花弁はない。つけばきっと黄色だろう。…。
草丈は5cmから15cm程度。茎は放射状につんつん横にぴんと張ったまま拡がっていて、直立していない。頻繁に分枝、
茎、葉脈、萼の表側、花柱は赤紫褐色に染まり、緑色部分は渋めの色で、あまり鮮やかではない。
茎には縦に筋状にへこみがある。
基本的にはかなり開出した角度に真っ直ぐ伸びる果実が、特徴的だが、曲がって伸びる個体でも果実の中の種子配列にイヌガラシとの本当の識別点があるので、判断はできる。(そもそも外見で分かるが。)

イヌガラシ属は好きなので普段からどこへ行っても気にかけているが、ミチバタガラシは私が出歩く範囲ではあまり見られない。

全景と花の拡大

ミチバタガラシ 全景 ミチバタガラシ 花拡大1 ミチバタガラシ 花拡大2 子房(及び、花柱も)は元々薄黄緑で後に赤紫褐色になるが、成熟しきって赤紫になるのではなく、受粉後まず茶紫に変色した後に、果実としてしっかり伸びてゆく模様。

上部の茎葉のバリエーション

ミチバタガラシ 上部の茎葉1 ミチバタガラシ 上部の茎葉2 上部では鋸歯のある少しでっぷりした披針形が基本的な形のように見えるが、結構多くの葉で付け根側が切れ込んでいる。下部の葉のように羽状になりかけた形態。分化しきった柄はなく基部の最基部は少し茎を抱く感じ。

下部の葉のバリエーション

ミチバタガラシ 下部の葉1 ミチバタガラシ 下部の葉2 不規則だったり綺麗な対称だったりまちまちではあるが、頭大機数羽状深裂に切れ込む
前後に波打ってふんわりした葉面。目立った毛はないがつやはない。
脈は面より浮き出ている上に少し色が異なって目立っている。メインで走っている脈は赤紫褐色で目立っているものが多い。

茎の下部の毛

ミチバタガラシ 茎下部の毛 ミチバタガラシは茎の下部に下向きの毛が散生する。当初の撮影時にわざわざ撮っていなかったが、たまたま株の根元付近が写っているものがあったので拡大してみると、一応白っぽい下向きの毛が生えている程度は確認できる。

果実の様子

ミチバタガラシ 果実 果実は3cm程度で、つやつやした茶紫に染まり、張りがあり基本的には真っ直ぐとされる。ほとんど開出してわずかに上方へ傾いた角度でぴんと伸びている。なお、すぐに茶紫に染まるのは果実全体ではなく、蓋ではない部分は遅くまで2本のライン状に薄黄緑のまま残る。

相手は「生きもの」だから

ミチバタガラシ ミチバタガラシ 「人が勝手にまとめた特徴」である図鑑等の記述とは違い、上方にはっきり湾曲するものもある。湾曲の度合いは小さいが。なお、個体毎ではなく、湾曲する枝としない枝というレベルでも確認している。実際この写真も、他の写真と同一の株の別の枝だったりする。たまたま不整に曲がってしまったものではなく、形態としてこのようになっている。
逆にほとんど湾曲しないイヌガラシもあるので、ちゃんと全体を把握していない人では見た目でミチバタガラシと茶色個体のアオイヌガラシとを区別しきれない可能性がある。注意。

種子の様子

ミチバタガラシ 種子の並び ミチバタガラシ 種子の並び ミチバタガラシ 種子の並び 仕切りを正面から見た(当然種子があるので見えない)カットと、仕切りを横から見た(仕切りは真ん中に線に見えるもの)カットと、熟したもの。種子は果実の中に、仕切りを境にそれぞれ1列ずつ並ぶ。角ができてかみ合って並びそれぞれが2列となるイヌガラシとの、確実な区別点。
種子はもっとつやつやしたものかと思っていたが、表面はあばた面な感じ。
太さ1mm弱の果実に対し種子は0.5mmから0.7mm程度。

種子配列について

イヌガラシ(アオイヌガラシ) ミチバタガラシ 果実 イヌガラシは花弁があるので問題ないがアオイヌガラシとミチバタガラシの区別に。

同定のための調査

2006年当時、厳密な情報を得ての同定に至るまで。
当初は資料が見つからずアオイヌガラシ(イヌガラシの花弁なし品種)とミチバタガラシとの両者で悩んだ。もちろん、私の見た目的にはミチバタガラシなのははっきり分かっていたが、ようは厳密な違いについての情報資料の方自体が見つからなかった。
最終的に以下を根拠にミチバタガラシとして同定することができた。
(花弁のないイヌガラシ属の個体を、ミチバタガラシとアオイヌガラシを検討した結果としていずれかとして根拠とともに同定してある文献がネット上にほとんど見つからないので、この情報が何かの参考になれば幸いである。)

【得られた情報】
ネットでも図鑑でも探したが国内には信頼できかつ詳細な情報は見つからなかった。写真が載っている図鑑も中にはあったが、かなりいい加減な写真で、個体も貧弱で非常に分かりづらいものだった。

ハーバード大学等からもリンクしている「eFloras.org」にはいくつかの国のいくつかの地域のフロラが掲載されている。この中の「Flora of China」に掲載があり、イヌガラシは基本的に上方へ湾曲する果実で、果実よりかなり種子が小さく仕切りの両側でそれぞれ2列になっているのに対し、ミチバタガラシはほぼまっすぐに開出する果実で、果実と同程度の大きさの種子で仕切りの両側でそれぞれ1列であることが分かった。ありがたいことに、かなり丁寧な線画もついていた。
※書くまでもないが、英語文献。

この方法での同定は果実があることが前提なのだが、アブラナ科は見かける時はたいてい果実があるので、その意味ではいつでも使える方法、と言える。

ミチバタガラシと区別しづらいイヌガラシ貧弱個体

地面付近で頻繁に分枝をして踏みつけられたように横方向に枝を突き出している、小株。
果実も開出気味。
一見ミチバタガラシのよう。

ミチバタガラシと一緒に生えていた。
日照上の問題はないので、小株なのは歩道脇の水切り溝にわずかに溜まった砂に生えているためと思われる。
葉が若干異なるし果実がほとんど黄緑で果実が柄に対しちゃんと太ってスマートではなくなっていてかつ先の方が太くなっているのとぼこぼこしているしと一応イヌガラシであることは分かったが、念のため果実を開けて確認した。もちろん、ちゃんと2列の2セットになっていた。(=イヌガラシ)

ほとんど花期も終わっていて花弁がないように見えたのでアオイヌガラシかと思ったがわずかに残って咲いている花に目立たない花弁を見つけた。一応アオイヌガラシではなく通常のイヌガラシのようだ。

茎が茶紫になっている場合、果実の色も評価のポイントとしては使えると思われる。
一緒に生えているミチバタガラシの果実(受粉後まもない時点でも)は、他の場所に生えていたミチバタガラシと同様に伸びる前にはっきりとした茶紫になっていたので、ミチバタガラシはそういうものの模様。(茎が緑の個体は除く。)
イヌガラシの方は、茶紫に染まる個体でも、先に伸びてからほんの少し染まる、といった程度。

以下の写真はすべて、左が一緒に生えていたミチバタガラシ、右がイヌガラシ。
部位ミチバタガラシイヌガラシ
全景 ミチバタガラシ 全景 イヌガラシ 全景
果実周辺 ミチバタガラシ 果実 イヌガラシ 果実
種子配列 ミチバタガラシ 種子の並び イヌガラシ 種子の並び

花確認:
2006(F6)
実確認:
2006(C6)(C7)
宮城県版のイヌガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。