まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオマルバノホロシ

オオマルバノホロシ トップ
ナス科
ナス属
Solanum megacarpum Koidz.

花は1cmから1.5cm程度。花冠は小花柄の方へ反り返る。(平開気味で先端の方だけが反り返る。)
草丈は60cmから80cm程度。
花はうつむく。
茎にはほとんど毛がなくつるつるしているが、先端側の若い部分には、稜上に列毛がある。
日当たりのよい湿地に生えていた。


全体の様子

オオマルバノホロシ 全景 ややつる性で、先端の方以外は這っている場合も多い。

花の拡大と蕾、花序の様子

オオマルバノホロシ 花序 オオマルバノホロシ 蕾 オオマルバノホロシ 花 オオマルバノホロシ 花
橙に近い非常に鮮やかな葯の色が目立つ。
花冠は縁に向かって色が薄くなる、全体的には濃い目の紫。中心の方は、黒い放射状の模様とその間を埋める白い縁の黄緑があり特徴的。
花冠の裂片は細長い。
花柄は黒紫、茎や葉の主脈は銅色に染まる。
花序はバランスが悪いと言うか、集散花序で花柄が不規則に分枝。

葉と若い葉の様子・茎の毛

オオマルバノホロシ 葉 オオマルバノホロシ 葉 オオマルバノホロシ 葉
葉は細くなく卵形で、基部側はくさび形から円形、浅心形。葉によっては耳があるように見えるものも。葉柄は少し翼状になっている。
若い葉も毛がなくつやつやしている。
オオマルバノホロシ 茎 稜の上だけ列毛がある。

果実の様子

オオマルバノホロシ 果実 オオマルバノホロシ 果実 オオマルバノホロシ 果実
若い果実、熟していないものの膨らんだ果実、熟した果実の様子。
(初期は萼に合わせた感じの5角形状にでこぼこしている。)
球ではなく先端側が若干細い楕円形で、赤く色づく

秋遅く朝晩に冷え込みがある時期にできる果実の様子

オオマルバノホロシ カラフルな果実 10月の頃の果実。
この時期にできる果実は、色素の変化のタイミングの都合によるものと思われるが、緑から赤に熟していく際に、明るい色(特に黄色)を経由するようになりゆっくり変化する。
そのため、この写真のようにカラフルになる。


花確認:
2006(F6)(F7)
2007(F7)(F9)
2010(F10)
実確認:
2006(C8)
2007(C9)(C10)(C11)
2008(C11)
2010(C10)

宮城県版のナス属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。