まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カタバミ

カタバミ 全景
カタバミ科
カタバミ属
Oxalis corniculata L.

花は1cmから1.4cm程度、通常は1cm程度。よく這って蔓延り丈は2cmから10cm程度。
ハート型の三小葉でなる複葉を持ち、国内の結構多く見られるイラストのせいでなのかクローバーと混同している人もいる。
果実はオクラ型のロケットのようなものが直立してでき、刺激を受けると種子を爆ぜる
爆ぜる時の感触が気持ちいい。びゅりびゅり、という感じ。

周辺で多く見られるのはカタバミの一品種とされるはっきり立ったポールハンガーのような花茎を持つタチカタバミでカタバミは多く見積もっても3割くらいだが、まぁある程度連続的ではあるので無理に分けるのは難しいと思う。(周辺では這うものとしてはウスアカカタバミが多い。)

全景の様子

カタバミ 全景 カタバミ 全景

花の様子

カタバミ 花 カタバミ 花 カタバミ 花柄
花は放射状に花柄をつけて数花つける。
花柄基部にはそれぞれ一対、線形の苞がつく。これを托葉と勘違いしないこと…。
柄は花期には強く斜上しかなり直立気味だが結実して段々と下がっていく。

葉と茎の様子・托葉

カタバミ 葉 カタバミ 葉の拡大 葉は広いハート型の小葉でなる3出複葉。葉縁に白い毛が目立つが、面には毛はない。
茎は最近少しずつ殖えてきたオッタチカタバミと比べると毛が少ない場合も多いが個体差はかなりある。

カタバミ 茎の節部分 カタバミ 托葉 カタバミ オッタチカタバミ 托葉比較
カタバミ(タチカタバミ含む)・アカカタバミ・ウスアカカタバミとも托葉は翼状にはっきり確認でき先端に向けてはっきり発達して広くなっている。ただし茎と葉柄を包むように閉じている上にそれらと同質なのでよく見ないと分からない。
なお、カタバミ属には葉柄の途中の托葉の先端の少し先にひとつ節ができていて膨れがあるのが特徴的。節があるということは…何かの名残なのだろうか。
葉柄基部や茎の分枝部分がこぶ状に膨れるのはちょっと不気味かも?(花柄も。)

果実の様子

カタバミ 果実 花柄は花期より垂れて水平になったりするが萼の基部で急に曲がって果実は直立。ポールハンガーというか燭台のような感じが面白い。
オッタチカタバミのように果柄が強く垂れることはないが花のつき方により花茎が傾いていたものが後で向きを変えたりしている場合もあるのでそれだけでは判断しづらい。
白い開出毛が密生している。


花確認:
2006(F3)(F4)(F5)(F9)(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F4)(F5)(F10)(F11)
2009(F4)(F5)(F8)(F9)(F10)
2012(F8)
実確認:
2006(C5)(C9)(C10)(C11)
2007(C1)(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C5)
2009(C5)
2012(C8)

宮城県版のカタバミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。