まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

エゾノギシギシ

エゾノギシギシ 花序・トップ
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex obtusifolius Linnaeus

花は1.5mmから2mm程度、輪生がつまったような穂を形成する。アレチギシギシより段々が詰まっているがギシギシほどではない。草丈は50cmから80cm程度。
茎・葉柄等の軸部に赤味があり葉面・花の緑色部分に黄緑味がある。ずんぐりしている株も多い。
大抵、茎や葉柄、葉の中央脈が赤く染まっている。
雌雄同株。

全景の様子

エゾノギシギシ 全景 エゾノギシギシ 全景 複数ある穂同士がやや(20度程度?)離れるので、上部に複数の穂が一本状にかたまって見える「巨大な穂」ができていない。
その点でギシギシやナガバギシギシと印象はやや異なる。かといってそれぞれが極端に段々に分かれているひょろっとしたアレチギシギシとも異なるので、花序が開いたギシギシ・ナガバギシギシという感じ。
黄色味と赤味が強め。軸部が赤紫なせいか、穂全体が若草色っぽく渋い黄緑に見える。ギシギシやナガバギシギシは葉より明るい黄色味の少ないやや薄い緑に見える。
色で遠目からでも他のギシギシ類と区別できる場合が多い。

花序と花の様子

エゾノギシギシ 花序 エゾノギシギシ 花 黄色の葯がぷらぷら揺れる。色が薄い場合もあるが、わりと目立つ。レモンイエロー系ではなく黄色・山吹色系。
花の中の方にある白い小さな丸っこいブラシはメシベ。

エゾノギシギシ 花 エゾノギシギシ 花

葉と葉裏の様子

エゾノギシギシ 葉 エゾノギシギシ 葉 エゾノギシギシ 葉裏の乳頭状突起 エゾノギシギシ 葉裏の乳頭状突起
葉は長楕円で基部は心形から円形。中央脈と葉柄の染まりが強い
ギシギシ・ナガバギシギシ・アレチギシギシ等と比べると太く短い葉形なので、比較すると丸っこく見える。
縁は細かくよれるが、あまり強くよれるものは見かけない。また、小さい波状鋸歯もある。
細脈のぼこぼこが目立つので、赤味と相まってやや無骨。
葉裏の脈上には微細な乳頭状突起が密にある。
かなり細かいが、ルーペ等使用せずに肉眼でも普通に微毛状に確認できる。

若い果実と果実の拡大

エゾノギシギシ 若い果実 エゾノギシギシ 果実 エゾノギシギシ 果実 エゾノギシギシ 果実
左はまだ花が混じる頃で、一番右はよく肥大して熟したもの。
宿存して肥大する花被片は長細い狭卵状三角形で、他のギシギシ類と比べれば細い。粒体が顕著に肥大する花被片は1枚だけで、他の二つは全く膨らまないか少しだけ膨らむ程度で最も大きいものと比べるとはるかに小さい。
縁に長いひげのような棘のような非常に細い突起が2から3本程度つくのだが、粒体のつく花被片ではその突起がより長い。

花確認:
2006(F6)
2007(F5)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2011(F5)
実確認:
2006(C6)
2008(C5)(C6)(C7)(C8)
2011(C6)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。