まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

フウセンカズラ

フウセンカズラ トップ
ムクロジ科
フウセンカズラ属
Cardiospermum halicacabum L.

花は縦方向にやや長く8mm×6mm程度。つる性で、草丈は相当伸び数mになる模様。
名の由来になっている果実はかなり面白い。
また、その中の種子もかなり特徴的な模様がある。
手元にきれいな写真がないが、種子は5mm程度の黒茶色の球形で、生成り色のハート模様がついている。(一応下に追加)

花の拡大と花のつき方の様子
フウセンカズラ 花 フウセンカズラ 花 フウセンカズラ 花
小さくてわかりづらいが、かなり特徴的な花をしている。
4弁均等に並んでいるのではなく、上2、下2と言ったバランス。
萼も縦側と横側でだいぶ異なる。
葉とつるの様子
フウセンカズラ 葉 フウセンカズラ 茎というかつる 葉は2回3出複葉に見える極端に深裂した3出複葉で、それぞれ間隔の大きい鋸歯がある。
つるは、写真は分かりづらいが、頻繁に伸ばしている。
つるの先端が更に別れ、左右にくるんと巻いたつる、中央に花序が出る。

果実と種子の様子
フウセンカズラ 果実 フウセンカズラ 果実 フウセンカズラ 種子
膨らみ始めた果実と、よく膨らんだ大きな果実。
3.5cm程度。
種子は乾燥が進み萎びて状態が悪いがとりあえず掲載。これは5.5mm程度。

花確認:
2006(F7)(F8)(F9)(F10)
2007(F10)
2008(F9)
実確認:
2006(C8)(C9)(C10)(C11)
2007(C10)
2008(C9)
2009(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。