まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オッタチカタバミ

オッタチカタバミ 全景
カタバミ科
カタバミ属
Oxalis dillenii Jacq.

花は1cmから1.5cm程度で、なかでもカタバミより大きめのものが多い。とはいえまちまち。茎が直立して10cmから20cm程度になる。
カタバミと比べかなり茎色と葉色が薄く弱い黄緑、また、白い伏した軟毛がより密生する。
葉は基本的にぴんと開かず窄んだままで垂れている時間がカタバミより長いというか、大抵やや窄んでいる。
直立した茎から1花につき一対の苞のついた散形の花序に数個の花をまとめてつける。
カタバミにも立ち上がるものがあるが、大抵は這っている。

生え方が違いほとんど縦にすぽっと抜ける程度で抜きやすいので、庭の草むしりでもカタバミと違って苦しむことはない。

花と花序の様子
オッタチカタバミ 花序 オッタチカタバミ 花序 花柄基部には花毎に一対の苞がつく。線形か披針形。

茎と托葉の様子

オッタチカタバミ 茎と托葉 オッタチカタバミ 茎と托葉 オッタチカタバミ 托葉
オッタチカタバミ カタバミ 托葉比較 托葉は、カタバミより小さく先端側は広がっていないため茎の抱き込みが弱く見える。このままだと分かりづらいが葉柄を横に引っ張ってみれば分かる。
葉は対生に見えるほど左右の高さが近接する場合が多い。
茎には白い伏毛が密生する。

果実の様子
オッタチカタバミ 果実 オッタチカタバミ 果実 果実は直立しオクラのような形で、熟すと刺激で種子をよく爆ぜる。
果期には小花柄が強く下がるものが多い
果実の毛は基本的にカタバミよりやや少ない印象というか目立たないが、個体差は大きい。


花確認:
2006(F4)(F5)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)
2009(F5)
実確認:
2007(C5)
2008(C6)(C7)
2009(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。