まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノブドウ

ノブドウ 花・枝
ブドウ科 ノブドウ属
123456789101112

Ampelopsis glandulosa (Wall.) Momiy. var. heterophylla (Thunb.) Momiy.

花はヤブガラシにやや似るが更に小さく1.5mmから2mm程度。花弁のついている時期でも4mm程度。つる性で2mから3m程度が多いがはるかに長くなるものも見られる。

通常は葉が小さく4cmから8cm程度なのだが、環境によっては他の種と見紛うばかりの巨大な葉(15cm以上)をつけるものもある。
ブドウ科の時点で、食べられない種類なのが異様に口惜しい。

花の拡大

ノブドウ 花 ノブドウ 花 ノブドウ 花 花弁とオシベは咲いてわりとすぐに落ちる。花弁は卵形で表面がかなりざらついた質感で縁が内側に湾曲している。船の前半分のような感じ。花弁の内側はのりを擦りつけたような中途半端な光沢がある。
ヤブガラシに似るが花盤は薄緑から透き通ったレモンイエローに変わる程度でピンクやオレンジではない上により小さいので目立たない。また、大きな違いとして、花弁の枚数とオシベの本数は5で、ヤブガラシの4と異なる。
時間が経ってから花盤に蜜が溜まる。
花序は最基部で斜上するきれいな三輪生に分かれてその中央に一花つけ、その先では数回繰り返す二出集散花序をつける(分岐の基部に毎回一花つける。)

葉と茎、葉のつき方の様子

ノブドウ 葉 ノブドウ 茎 ノブドウ 葉のつき方 葉は互生。葉と花序とが対生しているつき方。葉は基本的なスタイルとしては3中裂する単葉で、ヤブガラシと大きく異なる。まったく裂けずに五角形になっている個体もある。また、下に挙げるキレハノブドウのように面白い裂け方をする個体もある。
茎には開出気味の毛が生える。

ノブドウのforma(f.)(品種、形態)とされているキレハノブドウの葉の様子

キレハノブドウ 葉 キレハノブドウ 葉 掌状に5裂し、それぞれの裂片も、各脈の左右で非対称に切れ込む。
キレハノブドウの学名は、「Ampelopsis glandulosa (Wall.) Momiy. var. heterophylla (Thunb.) Momiy. f. citrulloides (Lebas) Momiy.」。
連続的に色々変化する形態の中からあるワンカット的なピックアップに名づけられる程度のものなので実際にはどこからどこまでそう呼んでよいか微妙なものだが、通常サイズに育った全ての葉がこうなっていたのでキレハノブドウとして掲載。
なお、このまったく逆に全ての葉が浅くすら切れ込まない個体(※育っていない小さな葉ではなく。)もある。…キレハの方に名前をつけるのであればそちらにも名前をつけてやって欲しいなと思う。

果実の様子

ノブドウ 若い果実 ノブドウ 果実 7mm程度の中太りした角丸円柱と球の中間のような形状切れ切れの薄く滲んだ縦の筋模様や斑点が少しあり、掠れた紫系の和風な飴のよう。紫の色合いは青系から赤系まで1花序でまちまち。なお、巨大になったものは大抵、虫えい(ハエの仲間・ハチの仲間)らしい。


花確認:
2006(F7)(F8)(F9)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F6)(F7)(F8)
2009(F6)(F7)
2012(F8)
実確認:
2006(C8)(C9)
2007(C7)(C8)(C9)(C10)(C11)
2008(C9)
2012(C8)

宮城県版のノブドウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。