まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オニドコロ

オニドコロ トップ
ヤマノイモ科
ヤマノイモ属
Dioscorea tokoro Makino

花は径3.5mmから4mm程度で小さいが数は多い。花序は大抵長く、10cmから20cm程度になる。
長く伸びるつる性で、よく巻きつく。
雌雄異株
葉は互生
葉腋にムカゴはできない
雌花花序は主に下垂し雄花花序は主に立ち上がるのだが実際のところ個体どころか部分毎にかなりまちまちな上に花序の「時期」にもよるので、ヒメドコロとの区別に雄花花序の具合を使用してはまずい。
また、葉形もまちまちなので同様に区別に使用してはまずい。

全景

オニドコロ 雄株 オニドコロ 雌株引いた写真 左は雄株、右は雌株。
写真として分かりやすい大人しい部分を撮ったが、実際には盛大に繁茂する場合が多い。
自分自身にも別の枝同士で絡みまくる。

雄花序と雄花の様子

オニドコロ 雄花序 オニドコロ 雄花序
オニドコロ 雄花序引いた写真 ぱっと見では総状か基部側で数本分かれる複総状だが、雄花花序の場合は小花序を形成し2から5花程度がかたまって咲く。
このためかなり花数が多い。
雄花序は立ち上がるのが基本とは言えるが、二段目の写真のように、最盛期でも垂れたり立ったりしている。

オニドコロ 雄花序の小花序部 オニドコロ 雄花の拡大 小花柄は1mmから3mm程度。狭三角形の微小な苞がある。花弁は6裂し最盛期はほぼ平開、渋い薄黄緑で裂片は等幅で長細い。先は鈍頭で少し広く、不整にがたついている。オシベは6本あり、放射状に倒れている。先は二つの半葯がやや脇についているためルーペで見るとややY字状。

雌花序と雌花の様子

オニドコロ 雌花序 オニドコロ 雌花の拡大 オニドコロ 雌花の拡大 雌花序は雄花序よりかなりシンプルでさびしい感じ。シンプルな一回の総状で花は一花一花が離れてつく。花序軸基部側での枝分かれもまずしない。
花弁は6裂し、最盛期にほぼ平開。渋い薄黄緑で、白にはならない。裂片は細長く等幅で、先端は少し広がった部分がある。
雄花のものと同じサイズだが花粉を生産しない退化したオシベが6本放射状に倒れ、中央にそれより太くそれよりも高くなった花柱があり、基部付近から広義柱頭が3本に分かれて斜めに出ている。その先端の微細な柱頭は生成りっぽい半透明でうねうねした複数の突起になっているようだが、小さくてよく分からない。

オニドコロ 雌花横から 花柄はほとんどなく0.5mm程度、花は「花期」には花序軸から垂直になっている。子房部は最初ほぼ円筒形で長さ7mm程度、太さは1.5mm程度しかない。

オニドコロ 雌花の花後 オニドコロ 雌花の苞 子房部は花が全く傷んでいない状態でさっさと肥大する。
ほとんどない花柄の基部を見ると2枚の狭三角形で縁がやや波状になった微小な苞がある。肉眼でも見えるが小さい。(位置は、子房が膨らんだ時期に見ると分かりやすいが、凹んだ「く」の字を敢えて「面」と表現した場合に、前側(花序先側)ではない後方2面になる部分についている。)

花と虫

オニドコロ 雄花とウスグロマダラ オニドコロ 雌花と蟻 蛾(ウスグロマダラ)と小型の蟻が、一花ずつ移動して蜜を吸っていた。フラッシュを焚こうが近づこうがどちらも一向に逃げない。かなり美味しいのだろうか。

葉の様子

オニドコロ 茎・葉 オニドコロ 葉 オニドコロ 葉柄 葉は極めて弱い波状に5から7になっていて先端は摘んだように尖る。ほとんどの場合、太くなった葉でも先の細長い感じは変わらない。ややT字というか象の顔っぽい。
基本的には基部側がかなり太くなるが、ヤマノイモやヒメドコロくらいに細身のものも普通に見られ、かなり多様なバランスになる。
中央で先端に向けて走る3脈以外には、基部からの2対の脈と、そのうちの最外部の脈の途中から外に出る1本が見られ全部で9本が普通。
質は柔らかく、色はヤマノイモよりも明るめの場合が多い
葉柄の基部手前は急激にくねってL字状。ヒメドコロと違い基部には突起状の付属物はない

花後から果実・種子の様子

オニドコロ 若い果実 オニドコロ 果実引いた写真 オニドコロ 果実 オニドコロ 果実と種子
花後は段々花柄が屈曲して花の先端が上を向きひとつひとつが立ち上がる。花序軸自体は下垂したまま。
果実は熟して乾くときれいな明るい薄めの黄褐色で、形と色で乾いたぱりぱりした質感が心地よい。長さ方向に1.5cm程度あり、細長い。3枚のフィンを合わせたような翼果で、先端側の方が少しだけ広い。
倒卵状長楕円で先も基部も丸い。
縁に向けて微細な筋皺が並んでいる。
先端側からきれいに開き、内側は白っぽくすべすべ。(やや銀色っぽく見える。)
オニドコロ 果実と種子 オニドコロ 種子 3室ありそれぞれに2枚ずつ種子が入っている。
種子は1cm程度で一方に偏って翼がある。種子本体部分は2.5mmから3mm程度。かなり薄く、質自体もかなり柔らかい。


花確認:
2006(F7)(F8)(F9)(F11)
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F6)(F7)(F11)
2011(F7)
2012(F8)
実確認:
2006(C8)(C9)(C10)
2007(C9)
2008(C10)(C11)(C12)
2009(C1)(C2)

宮城県版のヤマノイモ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。