まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

イモカタバミ

イモカタバミ 全景
カタバミ科
カタバミ属
Oxalis articulata Savigny

花は1cmから1.5cm程度。たまに少し大きなものもある。丈は花序の高さで15cmから25cm程度。
濃い目のきれいな赤紫に紫の筋が目立つ。花弁の中心部も赤紫。
遠目にも目立つ。
ムラサキカタバミやベニカタバミと異なり、葉は葉とのバランス的に丁度よいサイズで、丁度カタバミと同程度のバランス。
基本的に花つきがよく、こんもり茂った葉から長めに花序を突き出している。
葉色は全体的に若草色系で少し渋く、毛深い。

似た花にムラサキカタバミを挙げる方があるが、色も質もサイズも似ていない。むしろベニカタバミの方が花は似ている(これも葉が全く異なるが。)。
ムラサキカタバミは、花色は赤紫ではなくピンクでもっと薄めで、花弁基部は白から薄黄緑で、また、オシベの葯は白い。葉は表面がつるつるしていて基本的に全草のバランス的に葉がかなり大きい。全草毛が少ない。
ベニカタバミはイモカタバミのような濃い赤紫の花で葯はイモカタバミ同様黄色い。葉は丸っこく全体で円形っぽくなり、花とのバランス的にかなり小さい場合が多い。つやつやしてかわいらしい。

全景

イモカタバミ 全景 イモカタバミ 全景 よく目立つ。植えていたものを捨てる人がいるせいだろうが、荒れた空き地の隅等によく繁茂している。種子繁殖はしないのでかなりかたまって殖える。

花序と花

イモカタバミ 花序 P1050604_640.jpg イモカタバミ 花
一枚目は明るすぎて飛んだため白っぽく見えているが、実際には赤紫。
ややおとなしいものは散形花序、よく育った個体の花序は3段程度の複散形になっている。花柄・花序軸や萼は白い伏した軟毛で毛深い
花弁は倒狭卵形で太身のヘラのよう。カタバミとほぼ同じ形状。条は濃い紫。
花弁の先端は、不整に弱くがたついていることが多い。
オシベは5本が長く伸び奥の外側に5本ある。葯は花粉ではっきり濃い黄色。長い方のオシベでも花弁が折れて倒れる位置より低い。メシベはしばらくすると長い方のオシベの真ん中から伸びてくる。少し青紫っぽい。

葉の様子

イモカタバミ 葉 イモカタバミ 葉 イモカタバミ 葉の表面 イモカタバミ 葉のぶつぶつ
青々としたものは少なく、やや褐色味があり若草色
前方に伏した軟毛が密生し、表面に光沢は基本的にない。ただし夏近くなった個体では毛がだいぶなくなって光沢のある葉の個体もある。
整った三出複葉で3枚とも同じような形状、サイズ。
各小葉は広倒心形が多いが、卵形の先端が切れ込んだ形状のものもある。
葉の縁周辺、特に先端側には、ぼつぼつと黄色から黄褐色の膨れが出ていることが多い(目立たないものもある)。

白花のイモカタバミ

イモカタバミ 白花 色だけ異なり、葯は花粉で黄色く、全草毛深く、葉のぶつぶつも見られる。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)(F10)
2007(F2)(F3)(F4)(F5)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F4)(F7)(F8)(F10)(F11)
2009(F8)(F9)(F10)
2011(F4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。