まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミズヒキ

ミズヒキ 花序
タデ科 ミズヒキ属
123456789101112

Persicaria filiformis (Thunb.) Nakai ex W.T.Lee

花は3mmから4mm程度。草丈は50から80cm程度で、花序はバランス上そのかなり長くを占めて30から40cm程度になっている。花序が長い分印象としてはひょろひょろして見えるのだが、全体に茎も花序もしっかりしていてちゃんと立っている。
半日陰の林脇等に見られる。
葉は少し厚い感じで、短毛が多くざらざらした印象。
花被片の紅白の塗り分けが面白い。花期ならいつでもぽつぽつとは開花しているのだが多数の花が同時に咲いている状態は短いため、時期を合わせて見る気で行かないと見られない。

全景

ミズヒキ 全景 ミズヒキ 全景 ミズヒキ 全景 花序が斜上しつつく多少ねっているのでしんなりしているかと思いきやかなり丈夫で堅い。風では揺れるが、上部が倒伏して育つことはない。

花序と花

ミズヒキ 花序 ミズヒキ 花序 ミズヒキ 花 ミズヒキ 花
花序軸をどんどん伸ばしながら、下から次々咲き進む。同じ軸内で同時に咲いているのは、時期がよくても多くて10花程度。
花は4枚の花被片で、花弁はなく全て萼片。各萼片は先端が丸くなくほぼ三角状卵形でやや皿のように曲がり、タデの中ではよく開く。上側一片は全体的に赤で、下側は少しだけ透ける白から薄緑、生成り色。左右の片は後ろ(外)につき、上片側や縁が赤く染まる
オシベは5本あり、花糸は前方に湾曲し基部側からだんだん細くなる。白に近い生成りのきれいな球形の花粉が多数つく。
オシベ基部同士の間に5つ渋い生成りの小さな蜜腺があり、大抵、透明の大きな蜜玉が浮いている。タデ科は小さな花が多いがこの蜜のせいかアブ等の虫が多い。
メシベは緑ではなく生成りで横向きというか扁平で、段々細くなる人参型の柱が2本合着したような形状の花柱があり、先端で緩く二股になってそれぞれに小さな円盤状の柱頭がある。
花が終わると萼が閉じ蕾より太身の卵体になり、先端から花柱を突き出して下に垂らすのでこれも面白い。あかんべーをしているような状態。
花序軸に直接花がまばらについている印象だが、実際には、やや透ける上向きの小さな苞に1/2程度が埋もれた花柄がある。
苞はやや薄皮状で色が薄く大部分が軸に張り付いていて、苞の基部の境界線の下は逆に薄目の黒褐色なのでよく見ると縞模様になっている。

全景

ミズヒキ 葉 ミズヒキ 茎 葉は互生し、下部の大きいもので15cm程度、たまに20cm程度になる。広楕円形で先端は少しつまんだような形状。全体にごわごわし、短い剛毛が多数生える。少し厚手で、主脈・側脈が目立つ。
茎には開出気味の毛が多く生えるが、伸び始めの花序の方が毛が多く、そちらは伏した毛。
タデらしくちゃんと托葉鞘がある。鞘全体は薄いベージュで、先端側は褐色で薄皮状でやや乾いた感じ、基部の境界は薄い褐色のリング(筋)になっている。
茎には薄茶色(生成り)の上に伏し気味の長剛毛が密生し、托葉鞘では同じ毛がより開出気味になって生えている。托葉鞘を筋のように走る長い毛は先で突き出している。


花確認:
2006(F7)(F8)(F9)
2007(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F8)
2009(F8)(F9)
2011(F9)(F10)
2012(F8)
2014(F8)
実確認:
2006(C9)
2007(C7)(C8)(C9)(C10)
2008(C8)(C9)(C10)
2009(C9)(C10)
2011(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。