まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ケブカアキノタムラソウ

ケブカアキノタムラソウ トップ
シソ科
アキギリ属
Salvia japonica Thunb. (アキノタムラソウ)
Salvia japonica Thunb. f. lanuginosa (Franch.) E.Peter (ケブカアキノタムラソウ)

※エリア周辺ではどうも通常のアキノタムラソウは見られない。ケブカアキノタムラソウのみ。

花は幅7mm程度、長さで1.5cmから2cm程度、草丈は30cmから1.2m程度で、環境がよく盛大に育ったものでは花序だけで40cmを軽く超える。
花が5つくらいずつ輪生気味になったものがやや離れてつくためまばらで間延びした印象。草丈的には小さな花だが、よくよく考えればそれなりに大きい。
林縁に見られる。

花序と花の様子

ケブカアキノタムラソウ 花序 ケブカアキノタムラソウ 花序 ケブカアキノタムラソウ 花序 上部でもちょこちょこ三方に分かれて長い花序の枝を出すので、つんつん鋭い感じ。花がまだ咲いていない部分は軸と萼の毛が目立っているので白っぽい。
花序は連続的な穂ではなくて対生する小さな苞毎(節ごと)に段々に半分だけの輪生のような独特の花序を何段も積み上げている。

ケブカアキノタムラソウ 花 ケブカアキノタムラソウ 花 ケブカアキノタムラソウ 花を横から
わりと幅広に見えるのだが横から見ると結構長細い花。Salviaとある通り花壇で見るサルビアと同じ属なので、花形だけ見れば似ている。それらと比べればずっと小さいが。
色は濃いものから薄いものまであり、赤味が強めのものから青味が強めのものまである。
上下に大きく分かれるが、側裂片もそれなりに目立つので下唇とセットというよりは独立した感じに見える。
下唇は太い四角い二又状になり中央が窪んでいるのが目立つ。やや波状になっている。白い模様は形は多様だが、多くはバチ(ヘラ)のように白くなりその中央中央に縦の突き上げる紫の筋がある形。
上唇はあまり持ち上がることなく真っ直ぐ出ていて、その中裏で中央に先端の柱頭が縦に二又になったメシベが見られる。薄いが、紫色。その左右にはオシベが花筒内の上を伝って伸びていて、葯は下面側に黄色い花粉を出している。この状態では葯は3/4程度が上唇から裸出していて上から見え、メシベの方はほとんど突き出していないので、即自家受粉されないようになっているのだろう。
時間が経つと葯は茶色く萎れ、オシベの花糸が下に屈曲して下唇につくようになって段々左右に開く。

ケブカアキノタムラソウ 花の拡大 ケブカアキノタムラソウ 花序・萼の毛 ケブカアキノタムラソウ 軸
萼、花序軸にはかなりびっしりと白い毛が生える。この毛は、先端に球のついたような腺毛で、実際にべたつく
萼や軸と比べ目立たないものの、花冠にも毛が密生している。花冠は腺毛より普通の短軟毛の方が多く生える。下唇の裏面にはかなり長い軟毛が多数生えている。
ケブカアキノタムラソウ 花と蝶 ちょくちょく黄色い蝶が吸蜜している光景が見られる。一花にかなり長く留まるので、各花には想像より多量の蜜があるのかもしれない。

葉の様子

ケブカアキノタムラソウ 下部の葉 ケブカアキノタムラソウ 上部の葉 1から2回羽状で中部から上部では枚数が少ないので三出羽状複葉になる。また、2回羽状と言っても、ほとんどの場合、基部側の小葉の軸に基部方向に1枚小葉が出る程度のものがほとんど。
また、上部の、花序直前の葉は単純な披針形となっている。
色は濃緑。(右の写真はフラッシュで黄色っぽくなったのを調整し忘れ。)

春の幼生株と葉

ケブカアキノタムラソウ 幼生株 ケブカアキノタムラソウ 若い葉
まだまだ小さめでほとんどの部分が地べた付近。これから段々緑色になるがまだこの時期は渋い紫が被っていて、あまり目立たない。

花確認:
2006(F7)
2007(F7)(F8)(F9)
2008(F7)
2011(F7)
2012(F8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。