まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒヨドリバナ

Eupatorium makinoi T.Kawahara et Yahara

ひとつの頭花は米粒程度、草丈は60cmから1m程度。
頭花内は花が少なく、筒状花が4つ、5つ程度(見ている限り、一応基本を5として変化が多いという感じ)集まった頭花で、それが集まった集散花序。
葉は上部で互生、下部で対生になるものが多い。上の方まで葉は大きいが、横に伸びていてそれほぼだらしなく垂れない。結構丈夫な模様。
茎や花序軸は微毛・短毛で粉っぽく白味がある。
エリアは田舎なので、道路脇でも林縁であれば見られる、といいたいところだが、この数年で一気に自然が失われほとんど見られなくなった。今も家のすぐそばで見られるのは二箇所だけになった。

全景と花序の様子

ヒヨドリバナ 全景 ヒヨドリバナ 全景 ヒヨドリバナ 花序 張りやすいためか、花序にクモが巣を張っていることも多く、被写体向きでない個体が多い。葉もぼろくなっていたりする。

頭花の様子

ヒヨドリバナ 花序 ヒヨドリバナ 蕾の花序 ヒヨドリバナ 頭花拡大 ヒヨドリバナ 頭花拡大
花柄や花序軸は微毛が密で粉っぽい(茎も)。
総苞は段階的に長さが変わっているため、外片・内片という二極化をせず鱗状。緑だが薄く、先端側は縁を中心にかなり白い。
小花では長い2本に分かれた柱頭がくねくねしながら突き出て独特。多くはメシベを受ける筒のようなオシベの合着した葯筒だけが紫色をしているが、若い花で他の部分でも多少色味が見られる個体もたまにある。
筒状花冠の外側に冠毛が見える。花時期にも筒状花冠の裂け目の基部あたりまで伸びているので、わりと長い。

葉の様子と表拡大・裏拡大

ヒヨドリバナ 葉 ヒヨドリバナ 葉 ヒヨドリバナ 葉の拡大 下部から中部くらいまでは対生し、上部で互生する。
葉は強く裂けず強い鋸歯のみの披針形で、長いものでは20cmになる。表面は、いぶした鈍い感じのものからざらざらがさがさした粉っぽくなったものまである。それほど多くないが中には強めのつやのあるものも見られる。
主脈と側脈とがよく窪んで目立ち皺深い印象。
葉柄ははっきりしているものが多いが、かなり短いものもある。

ヒヨドリバナ 葉裏 ヒヨドリバナ 葉裏の拡大 ヒヨドリバナ 葉裏腺点拡大 葉裏には腺点が密
脈上には白い軟毛がまばら。

果実の様子

ヒヨドリバナ 果実(冠毛+痩果) 軸なしの冠毛で、径9mm程度。冠毛は多少褐色味がないこともないがほぼ白。痩果は黒く平たく長細く、ややつやがある。2.5mm程度と小さい。


花確認:
2006(F7)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F9)(F10)
2009(F7)
2011(F10)
2012(F8)
実確認:
2006(C10)
2007(C9)
2008(C10)(C11)

宮城県版のヒヨドリバナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。