まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アオイヌガラシ

アオイヌガラシ トップ画像
アブラナ科
イヌガラシ属
Rorippa indica (L.) Hiern var. apetala Hochr.

花弁がないせいか中途半端にしか開いていないものが多く3mm程度、平開して5mm程度。草丈は30cm程度。
イヌガラシの花弁のない変種という位置づけ。
色の分類上黄色に置いているが、花弁に見える黄色の強めの黄緑のものは萼。なお、完全に退化せず花弁が少し残っている場合もある。

花序の様子、花の拡大

アオイヌガラシ 花 アオイヌガラシ 花拡大 普通花弁はない。丸まって後ろ側にあるものは黄色く目立つが萼。右の写真は、まれに残る花弁を写したもの。一枚だけしかついていなかったが。

上部の葉と下部の葉の様子

アオイヌガラシ 上部の葉 アオイヌガラシ 下部の葉 下部の葉には分かりやすい葉柄があるが上部は葉柄もなく基部が茎を抱きかける。

果実の様子と種子の並び

アオイヌガラシ 果実 アオイヌガラシ 種子 子房は伸びてから色が染まる。果実の長さは2cmから2.5cm程度、種子は0.3mmから0.5mm程度。果実は通常弓なりに斜上するが、この個体の例のように、同じく花弁のないイヌガラシ属であるミチバタガラシのように開出してつくことがあるため、この点を同定に使用しない方がよい
種子は通常のイヌガラシ同様、仕切りの両側でそれぞれ2列に並ぶ。なお、これはミチバタガラシと確実に区別する方法
種子形状は球ではなく長細い。

種子配列について

イヌガラシ(アオイヌガラシ) ミチバタガラシ 果実 イヌガラシは花弁があるので問題ないがアオイヌガラシとミチバタガラシの区別に。
【●イヌガラシ】
【●ミチバタガラシ】

茶紫の普通色タイプの様子

アオイヌガラシ アオイヌガラシ アオイヌガラシ 2007/04/29ようやく赤個体を見つけたので追加。この方が「イヌガラシ」としては一般的な色合いなのだが…アオイヌガラシが全然見つからずだったもので。
ミチバタガラシと異なり、茶紫個体でもメシベは受粉後も黄緑


花確認:
2006(F7)(F10)
2007(F4)(F5)
実確認:
2006(C7)(C8)(C11)
2007(C4)(C5)

宮城県版のイヌガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。