まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カキドオシ

カキドオシ 花序
シソ科
カキドオシ属
Glechoma hederacea L. subsp. grandis (A.Gray) H.Hara

花は細い筒部と偏平になった部分とがはっきりしている。全体として結構長さがある。幅は開花した頃には6mm程度だが、開き切ってから形を維持したまま幅1cmからときに2cm程度とかなり巨大になる。つる性で大部分が地を這って20cmから50cm程度になる。
茎は結構しっかりしている。先端は長く伸びるまではよく立ち上がっているため、若い時期は這っている時期とはかなり印象が異なる。

葉は対生し各葉腋に1から3花つくが、大抵は1花なので節毎に2花が多い
花色は極端に濃い色ではなくやや薄い感じはあるのだが、彩度が高い赤紫系なので目にしみてよく目立つ。

全景の様子

カキドオシ 周囲 カキドオシ 全景 カキドオシ 周囲
カキドオシ 全景 全体の感じから行くと花はバランス的に大きい。林縁、野原、道路脇、畑縁等、わりとそこらじゅうの明るい場所でかたまって見られる。陽光地では結構にぎやかになる。
先端のまだ展開していない葉は両手を握ったというかまるで結球しているかのようにふんわり丸っこくなって面白い。

花序と花の様子

カキドオシ 花 カキドオシ 花序 カキドオシ 花序
カキドオシ 花序 左のように節が詰まったままで丸っこいふわりとした初期の円錐の状態はかわいらしいが、すぐ伸びていく。
段々右のようになる。茎が丈夫なので15cm、20cmくらいの部分程度ならまだ一応立っている。

カキドオシ 花の背と若い葉序 カキドオシ 花 花柄は目立たないが萼の3/2程度の長さあり、萼とともに渋く濃い赤紫。萼は先の1/3程度だけが裂けていて裂片は狭長卵形から長楕円で先は摘んだように鋭い。花柄と萼には白い軟毛が多く生える。
花冠の筒部は1/3程度だけが萼から裸出している。
花は唇形花だが形の変化がわりとしっかりあり「パーツ」に分かれた感じ。基部側の極端に細い筒部、次に偏平な箱形の部分があり、その先に大きくひらひらとした裂片がある。
背から見ると、箱部から上唇先端までやや角の丸い稜が続いている。
上唇は浅く裂け、裂片は広円形。
下唇は大きく3裂し、側裂片はシンプルな偏心の倒卵形となり、中央裂片は広幅で伸びて先端でやや不明瞭なふたつの卵形に極端に更に膨れている。先端縁は細かく不整に弱く切れ込んでいる。
下唇の模様ははっきりと赤紫で、ぱっと見では滲みがあまり目立たない。
花冠外側には微細な軟毛が密生している。
右の写真は、咲き始めたばかりの花と下の節の花を一緒に上から撮ったもの。

シベの様子

カキドオシ 花 カキドオシ 花の拡大
カキドオシ シベの拡大 カキドオシ 花の拡大
箱部と下唇裂片の境界で弱い山折がある。箱部内側から下唇にかけて弱い2畝があり、この上と周囲には白い開出腺毛が密生
また、箱部内側には下唇とは異なり丸く整い気味の多数の濃い斑紋がある。
はっきりした2長オシベで、短い方の2本は裂片基部のやや先くらいの位置に出て、長い方の2本は更に出て上唇の半分くらいの位置にある。それぞれのセットが蝶のよう。
オシベの間にはメシベ花柱が挟まれていて、長い方のオシベの間に、葯よりやや先に伸びて柱頭が配置されている。柱頭は縦に二つに割れてややくるんと分かれている。

葉と茎の様子

カキドオシ 葉 カキドオシ 花序 カキドオシ 茎
葉は下部のものは基部が極端に強い心形で全体に正円形に近いきれいなシルエットのものが多い。上部の葉は広卵形から卵形で先がやや鋭くなるものが多く、また基部の心形が弱くなって円形や切形になったりし、両側が接していないものも多い。たまに横に広くなって腎臓形。
縁は、辺が丸っこいため円鋸歯と呼びたいところだが方向を考えると鋸歯ではないので円形の歯牙、ということになってしまうかもしれない。まぁ一般的な認識では「円鋸歯」でもよいとは思う
脈に向けて裏に強く凹むため、表から見るとぼこぼこキルティング状
葉裏には白い軟毛が密生。
茎や葉柄も白い軟毛が密生している。ほぼ開出してやや下向きに屈曲。

斑入りの園芸もの

カキドオシ 斑入りの園芸もの 全景 海外にある基準亜種セイヨウカキドオシ(G. hederacea subsp. hederacea)は各部の毛が軟毛・細軟毛ではなく剛毛で、かつ量がまばらであること等、各部異なる。葉形は円形というより腎臓形の場合が多い模様。また、花は萼の倍程度しかない。

私が周囲で見かける園芸斑入りものは、よく開いた際の花の大きさが萼の倍程度で終わっていること、茎や葉柄等各部の毛がまばらであること、腎臓形の葉形から考えておそらくそのセイヨウカキドオシの園芸ものと思われるが、他にカキドオシの斑入り品種(subsp. grandisのf. albovariegata=フイリカキドオシ)もあるようなので、判断には注意が必要かもしれない。


花確認:
2006(F4)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F4)
2011(F3)(F4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。