まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ソクズ

ソクズ 全景
レンプクソウ科 ニワトコ属
123456789101112

Sambucus chinensis Lindl.

花は5mm程度、草丈は1mから1.5m程度。
クサニワトコの別名もある。
花序に花に混じっていくつか山吹色のぷよぷよした感じに見える蜜腺がつき、虫を寄せ付ける。大抵、アリが頭を突っ込んでいる。
明るい空き地とそばの林縁に生えていた。

花序と花・蕾・蜜腺

ソクズ 花序 ソクズ 花拡大 ソクズ 花と蜜腺
和菓子にありそうな蕾の質感。山吹色の蜜腺が目立ちいいアクセントになっていて、丈の高い、白い小さな花の密集する草としては、かなり華やかに見える。

葉の様子

ソクズ 葉 ソクズ 葉 対生し、はっきりした大きな奇数羽状複葉で小葉の枚数は上に行くほど少なくなり、花序の直下では単葉。
小葉は長楕円。鋸歯がある。8cmから15cm程度ある。
柔らかいため、若干垂れ下がる。


花確認:
2006(F7)
2007(F7)
2008(F7)(F8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。