まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウ 全景
ヤマゴボウ科
ヤマゴボウ属
Phytolacca americana L.

花は5mmから6mm程度とひとつひとつは小さい。
花序は10cmから15cm程度の房になる。
草丈は50cmから2m程度と幅がある。よく分枝して上部で横方向に広がるためテーブルのようになっているものも多い。
茎は明るい赤紫に染まり、特に下部の色が強い。
花序と萼はクリーム色だが若干のピンクが入り、咲き進むと段々顕著になる。
果実は黒紫に熟しブドウのようになる。軸は赤紫に染まる。

全景の様子

ヨウシュヤマゴボウ 全景 ヨウシュヤマゴボウ 全景

花序と花の様子

ヨウシュヤマゴボウ 花序 ヨウシュヤマゴボウ 花柄 ヨウシュヤマゴボウ 花
ヨウシュヤマゴボウ 花 左は、最盛期の花序と花後に差し掛かった若い果実になりかけた花序。薄い黄白色の花序軸と花柄で花も同色の上にある方が最盛期の花序で、下にあるのが果実になりつつある花序。
花序は横向きになっている。
花柄は基部側から1/3程度の位置で一旦弱く窄まっていて、そのあたりに1、2枚の線形のふにゃふにゃした苞らしき片がついている。それより上に苞とセットで緑の小さな卵体のものがあるのだが、この時にはよく見ていないので何なのか分からないので再度の観察が必要。
花被(萼)は卵形に近く基部側はややくさび形で、中央部が黄緑から辛子色で縁は白緑ないしベージュで、たまに桃色にやや染まる。先端は内側にやや舟形に反る。
外側の基部付近ははっきり桃色に染まる。
中央の玉葱とも水餃子とも見える濃緑のものはメシベで、先端では柱頭がつんつん反っている。子房部分から畝状に盛り上がって柱頭は10から11本ある。
オシベも10から11あり外に放射状に開いて先端の葯がやや立って返っている。
葯・花粉ともほぼ白に見える薄い黄白色。
なお、メシベの柱頭の分裂数とオシベの本数は必ずしも一致していない模様。

葉の様子

ヨウシュヤマゴボウ 葉 ヨウシュヤマゴボウ 葉 つやはない。
葉が大きいため何となく目立たないが、葉柄は結構はっきりした長さ。
葉身は10cmから15cm程度のものが多い。
葉の先端は尖る。縁は不整で弱い波状で、上下に多少波打ってもいる。
枯れる前に赤や朱色に染まる。

果実期の前傾と果実の様子

ヨウシュヤマゴボウ 果実期全景 ヨウシュヤマゴボウ 果実 ヨウシュヤマゴボウ 黒く熟した果実 ヨウシュヤマゴボウ 少し若い果実
ブドウのような房で垂れ下がっていて、きれいなつやのある黒か黒紫の実が多数つく。花序軸・花柄は花期の肉色やベージュ、白緑と違い鮮やかな赤紫にはっきり染まる。ちょっと毒々しい。
果汁がきれいな赤紫なので、子供の頃にこれで絵を描いてみたりした経験がある方もいるかもしれない。
果実は幅広の円筒が丸みを帯びたような、潰れた形状で、蜜柑の形に近い。元々は柱頭につながる畝の筋が見えるが、熟す頃にははちきれそうに膨らんで筋がなくなる。
膨れが遅く一時中央が窪んでいるが、熟す頃には中央も膨れて宿存する柱頭がより突き出た感じになる。

花確認:
2006(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)
2007(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F7)
2011(F6)
2012(F8)
実確認:
2006(C9)(C10)(C11)
2007(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)
2008(C7)(C8)(C9)
2011(C6)(C7)
2012(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。