まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオイヌホオズキ ※


ナス科
ナス属
Solanum nigrescens Mart. et Gal.

花冠は広げると1.2cm程度とかなり大きく、この個体周辺では花数は多くて4。
一応相当に大きな花冠や、葉や茎の質感からアメリカイヌホオズキではなくオオイヌホオズキとする。
草丈は15cm程度で極端に小さな個体。



【花について】
(外側の花は薄紫の模様が若干入る平開型の大きなタイプ、 内側の花は白で反り返る若干小さめのタイプと見えるが…)固定観察の結果、白いまままず咲くと一旦花冠が反り返り、大きくなりながら(紫の模様が浮き出て)平開に戻り、最後に閉じて花冠が取れ落ちていくという経過をたどる。
花冠が反り返らないのでイヌホオズキと区別できるというような記述をWeb上でよく見かけるが、注意。
紫色の模様は特に裏側が強い。
花色が「内側、外側」で違うのは、散状では分かりづらいが「内側」は総状における先端側に相当するため後に咲くせい。
(※アメリカイヌホオズキ・オオイヌホオズキの両種には、単純な白花のものや最初から紫花の個体もある。)


花の拡大。
(中は、同一花序の経過観察後、右は別の個体。)
花序は散状で1つだけずれてつき、花は多くて4個。
葯は花の大きさに関わらず2mm程度ある。
一番右の写真は、紫色が行き渡った花が写っている。


葉と茎の様子。
葉には不規則な鋸歯がある。特に基部側では顕著になる。(※サンプルにした葉は悪いが。そのうち変える。)
茎(葉裏の葉脈部分も含む)の毛は若干多めか。


若い果実。
現段階では萼は果実に被っている。

【●イヌホオズキ】
【●アメリカイヌホオズキ】
【●カンザシイヌホオズキ】
【●オオイヌホオズキ ※】
【●オオイヌホオズキ】
【●イヌホオズキ】
【●テリミノイヌホオズキ群直立全縁】
【●テリミノイヌホオズキ群直立鋸歯】
【●テリミノイヌホオズキ群倒伏】

花確認:
2006(F7)(F8)
2007(F6)(F7)(F8)(F9)
2008(F7)(F8)
実確認:
2007(C7)(C8)
2008(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。