まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トゲチシャ

トゲチシャ トップ
キク科
アキノノゲシ属
Lactuca serriola L.

花は1cm程度、草丈は2m?3m程度。
草丈にそぐわない小さな花。
丈が高くなると茎の下部の方はほとんど白くなり木質化して見えるが柔らかく傷つきやすいので、うっかり触ると乳液がつく。

裂けずにシンプルな葉のマルバトゲチシャもある。(写真不足のためこの記事の下に寄生させていたが、晴れて独立させた。)

花序と花の拡大、蕾が見え始めの伸びていない頂点の花序

トゲチシャ 花序 トゲチシャ 花 トゲチシャ 蕾
ノゲシの様な花。
花は卵の白身と黄身を攪拌したような濃い目のクリーム色というか薄い黄色というか。舌状花の先端や裏側はピンクに染まるものもあり、黄色だけのものより綺麗。
総苞も赤みがある。
蕾は大量に密につく。
はるか頭上で横に広がって大量に花をつけるとは思いもよらないであろう。

葉と下部の葉裏の様子

トゲチシャ 葉 トゲチシャ 下部の葉の葉裏 葉つきはかなり特殊で、葉が横を向く。それも、最初から横向きに生えているわけではなく、普通に生えて捩れて横向きになる。
葉の形状は切れ込みが激しく、縁には棘様の突起がびっしり生える。(硬くはない。)
基部は、やじり形とは言いがたいが尻尾がある。ピンと張っている。
上部ではあまり見られないが下部の葉には葉裏の主脈上に棘がある。(硬くはない。)
茎を傷つけると乳液を出す。

果実の様子

トゲチシャ 果実(冠毛+痩果) 冠毛の様子。全体で1.5cm程度。タンポポ等と比べればまばらで空いた印象。


花確認:
2006(F8)
2008(F8)
実確認:
2006(C9)
2008(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。