まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

エノキグサ

エノキグサ トップ
トウダイグサ科
エノキグサ属
Acalypha australis L.

花序は2cm?4cm程度、雄花ひとつで1mm程度、草丈は10cm?30cm程度。
乾燥にも強い様で、市街地の乾いた土やアスファルトの隙間の少しだけある土の上等にも生える。

全景と花序の様子

エノキグサ 全景

花序全体(雄花花序)

エノキグサ 雄花序・雌花花序 エノキグサ 雄花 穂のようになっている紅色で目立つのは雄花花序
花はいくつかやや団子状にわかれてそれぞれかたまっていくつもつき、軸の基部側では、苞葉とセットの雌花花序が枝分かれするように1枝から2枝出ている。
小さくて分かりづらいため遠目には穂状なのだが、花をよく見ると白い花柄がはっきり見て取れる。
軸には上方に伏した白い軟毛が数列生えている。

雌花花序

エノキグサ 苞葉・雌花花序 エノキグサ 雌花 エノキグサ 雌花
雌花花序は苞葉基部付近に乗っているずんぐりした緑の目立たないもので、苞葉につきひとつのものが数的には多いが、ひとつとは限らない。苞葉の中央脈と合着した軸があるのか、縦に並んでややずれていて、数は1?5個。
卵形のものが3個くっついたような子房の中心先端に出ている赤いものは柱頭。
子房はいぼ状の突起が密にあり、また、上方に湾曲して伏した白い軟毛も密。
右の写真は、たまたま子房が4つに分かれた個体変異のもの。株内がみなこうだったので、ちょっぴり面白かった。

葉の様子

エノキグサ 葉 葉は長い葉柄があり互生し、表面には主に脈上に毛が散生しているが光沢がある。また、太い脈のほか横方向のしわが目立つ。裏は軟毛が生え、特に脈上では目立つ。
縁は鋸歯が顕著。
茎には毛の生えるエリアが条になっている。

たまに頂点に咲く雌花

エノキグサ 雄花花序の頂点に雌花が 頂点に上向きに雌花が1?3個つく花序もたまにあり、1個のものに限定すれば群落の中をちょっと探すだけで大抵結構な数見つかる。また、中途に雌花が混じるものもまれだが確認。


花確認:
2006(F7)(F8)(F9)(F10)
2007(F7)(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)
2009(F8)
実確認:
2006(C8)
2007(C8)(C9)(C10)
2008(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。