まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオニシキソウ

オオニシキソウ 全景
トウダイグサ科
ニシキソウ属
Chamaesyce nutans (Lag.) Small

「花」は一花に見える部分(花序)で径2mm程度。草丈は30cmから40cm程度で先端の方が弓状に倒れている場合が多い。よく分枝しているが、コニシキソウと異なり地を這わず斜上する。
茎は赤い。対生した葉の葉腋に「花柄」を出して「花」(花序)をつける。また、節毎に下の葉腋とは逆の葉腋から枝を出す。「花」は枝と分かれて出た枝との間に、分かれて出た枝に少し寄ったところから出る。
傷つけると全草から白い乳液を出す。

全景と枝の様子

オオニシキソウ 全景 オオニシキソウ 枝先 オオニシキソウ 枝先 オオニシキソウ 全景
オオニシキソウ 全景 オオニシキソウ 枝 オオニシキソウ 全景
オオニシキソウ 枝 節毎にひとつの白い花がまばらにちりばめられた感じに明るくよく目立つのでそのままをどうにか撮りたいのだが、これだけコントラストが出ているとコンパクトカメラで撮影すると花がすぐ白飛びする。
枝は羽状に平たく対生する葉の葉腋から次々出ているが、節毎に前の節と逆側の葉の方から出るようになっている。

花序と若い果実の様子

オオニシキソウ 花序 オオニシキソウ 花序と虫 オオニシキソウ 花序
オオニシキソウ 花序 一見「4弁花」で、「花弁」の大きさは極端に不揃い。この「ひとつの花に見えるもの」は杯状花序で、雄花4つと雌花1つが寄り集まったもの。
中央に飛び出て花期は90度倒れている1mmから1.2mmの丸く膨らんだテトラパック様(三角錐)のぼてっ、ごろっ、としたのは長い柄を持った雌花の子房で、子房の先端でうねうねしたY字状の柱頭(広義)が3本あり、深く分かれているためぱっと見6本に見える。
その雌花の子房より下に、腺体(丸い蜜腺とそこから生える白い花弁様の薄い付属体)が一緒になったオシベ1本の雄花が4つ。どちらの花も花弁はない。
各所段々と赤く染まるのだが、そのうち付属体の色については、ピンクになるのと花のステージとが直接リンクしていない変化をしているので、温度等いくつかの条件によるのかもしれない。
開花始めには雄花部に子房が埋もれている。雌性先熟で雌花の子房が少しころんと膨らんで柄も伸びた頃にオシベの花糸が伸びてきて、先にふたつ並んだ葯は薄めの赤紫。花粉は鮮やかな黄色。

葉と茎の様子

オオニシキソウ 葉 オオニシキソウ 葉 オオニシキソウ 葉 対生。長い長楕円から細身の長楕円状狭卵形で基部は円形から浅心形。ほとんど目立たないが形態としてはっきりとした葉柄はある。主脈の左右で形状が揃わないのが普通。縁にはやや不整なはっきりしたトゲトゲした形の鋸歯がある。表面には立った長い毛が散生する。基部から出る三脈だけやや目立り、基部寄りの位置でこの脈の中にやや納まって逆三角形になったぼんやりとした紫褐色の染まりが出るものもあるし、全くない葉もある。小さい葉ほど濃いので、シールドの作用としてのものだろうか。幼生期には、コニシキソウとよく似た形の葉でまだ這っている頃には、コニシキソウそっくりにはっきり斑紋がある。
また、中央脈の基部側と中央部分との二箇所で脈が白っぽく薄くなる。
葉をルーペ等で見ると、独特の微細な脈模様が見える。

夕方以降の様子

オオニシキソウ 睡眠運動 葉が睡眠運動をする。日中は枝先の葉だけがやや先端に向けて立った感じにやや閉じているのだが、夕方以降は全体の葉が強く先端側に立って茎に貼り付き閉じていて外からは白っぽい裏側ばかりが見える。

訪虫の様子

オオニシキソウ 蜂 小型のハチがよく訪れる。小型のアリも結構見られる。
花のセクションでもお腹の膨れた広義のハチの仲間と思われる虫が見られる。


花確認:
2006(F8)(F9)
2007(F8)(F9)
2008(F8)(F9)
2009(F8)(F9)
2011(F9)
2012(F8)
実確認:
2006(C8)(C9)(C10)(C11)
2007(C8)(C9)
2008(C8)(C9)(C11)
2009(C9)(C10)
2011(C9)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。