まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カンザシイヌホオズキ

カンザシイヌホオズキ 全景
ナス科 ナス属
123456789101112

Solanum americanum Mill.(テリミノイヌホオズキ)

花は6mm程度と小さい。草丈は50cm程度。
茎の毛が密(長さはこの種でも短いが。)で、個体によっては粉をふいたようになる。
葉裏は微細な軟毛が密生。
各部の毛は多いのだが、環境や時期でだいぶ変わるので注意。

「カンザシイヌホオズキ」は、テリミノイヌホオズキの一形態とされる。(果実の向きだけでなくかなり異なるように思えるが。)
果実期に各花柄も立ち上がり独特で、これですぐに見分けがつく。
大抵の場合に1花序の花数は多いようで、7から11個が多い。5個程度等少ないものはあまり見かけない。

花の拡大と花序の様子

カンザシイヌホオズキ 花序 カンザシイヌホオズキ 花 カンザシイヌホオズキ 花
カンザシイヌホオズキ 花柄の様子 花冠の裂片は、イヌホオズキとアメリカイヌホオズキの中間のような形状。
千葉県植物誌や各種ネットリソースにて花序は散状とあるが、 実際には、明確な軸様のものがあり、それに対しかなりつまってかつやや対生気味の総状になる
花序内の花数が多いと、多足な虫のような感じ。
最外のひとつが離れてつくものもある。(基部拡大写真のものも、丁度その例。)

小花柄の時期による変化を追うと面白い
花期には小花柄は強くくねくねと曲がってかつややきれいに放射状に配置して横からやや下に向いているが、花後には段々とぴんと真っ直ぐになっていき軸の左右にややはっきりとした二群に分かれそれぞれの群で平面上に固まっていき、一層多足の虫っぽい。その後段々左右から持ち上がってひとつの球状になり、それから果実が黒くなる。(※典型的な変化のもの。)

葉の全体、葉表の拡大、葉裏の拡大

カンザシイヌホオズキ 葉 カンザシイヌホオズキ 葉 カンザシイヌホオズキ 葉表拡大 葉は広めのものが多く、また、弱く波状程度の縁のものが多い。また、質はかなり柔らかい。
柔らかい微毛が若い葉以外にもよく生えて、葉の質も薄く柔らかいので、触るとかなり気持ちいい。
微毛のため、粉状に少し白っぽく見える。若い葉は軟毛が多いためかなり白っぽい。
脈上にも毛が目立つ

カンザシイヌホオズキ 葉裏拡大 カンザシイヌホオズキ 葉裏 葉裏の脈上は特に毛深く、はっきりモールのように毛が密生。

茎の様子

カンザシイヌホオズキ 茎 カンザシイヌホオズキ 茎 カンザシイヌホオズキ 茎 下部でほとんど分枝せず直立して中部から上部で分枝するものと、イヌホオズキのように各所で平均的に分枝するものが見られる。
多くの個体は、他のイヌホオズキ類と比べ毛が極端に多い。微細な軟毛がびっしり生えている。
ただし、どう見てもほとんど生えていないものもあるし、毛のあったものでも時期的に遅くなると風雨にさらされたり生長で毛がなくなっているものもある。

果実と立ち上がった花柄、種子の様子

カンザシイヌホオズキ 果実 カンザシイヌホオズキ 果実 カンザシイヌホオズキ 若い果実 この茎から開出したというか垂直にややぴんと伸びて多くの果実を球状に集めてつけつやつやしている形態が、カンザシに見立てられる模様。
果実には極端なつやがあり、「テリミノ」(の仲間)というのも頷ける。他のイヌホオズキの類とは一目で見分けられるほどつやが違う。(※アメリカ・オオイヌは個体差+時期により、それ以上につやのあるものもまれに見られる。)
果実は小さめのものが多く、6mm程度。かなりまれに大きめになるものもありそれは8mm程度。
濃く熟していない果実に小さな白い斑点が目立ち、これも特徴のひとつ。
カンザシイヌホオズキの場合、垂れ実型のテリミノイヌホオズキ群より斑点が多くかつ強いので目立つ。

カンザシイヌホオズキ 種子 種子は48個と少なめ。1.2mm程度と小さいのだが、果実サイズも小さいのでこの程度しか入っていない。球状顆粒はない
なお、ほとんどの場合果実はサイズ的に小さいので、垂れ実テリミノイヌホオズキの大きな果実とは形状が異なるが、やや大きくなっているものの場合はやや似て角丸直方体気味になる(垂れ実テリミノイヌホオズキほど顕著ではない。)。

熟した果実

カンザシイヌホオズキ 果実 カンザシイヌホオズキ 果実 熟した果実(上から)と果実期の萼の様子(下から)。
果実は若干つやがあるというようなレベルではなく、漆でコーティングでもしたかのような美しいつや
日陰で若干ぼけたのだが、後ろの道路と植え込み、街路樹、青空、そして私が映り込んでいる。

果実の追加画像と果実期の萼について

カンザシイヌホオズキ 若い果実 カンザシイヌホオズキ 果実期の萼 カンザシイヌホオズキ 果実期の萼 果実期の萼は平開か反り返っているので、先端が果実からは離れる。 花の時期より少し大きくなっている。縁は後ろ側にやや巻くので、前や横から見るとぷりっと一見多肉っぽくも見える。先端は尖らず丸い
右の写真は黒熟したものとしかけているもの(斑点が薄紫で妙にかっこいい)、果実が取れ落ちて萼がよく分かるものを写した。
萼は垂れ実テリミノイヌホオズキとは大きく異なる点。


花確認:
2006(F8)(F11)
2008(F9)
2012(F8)
実確認:
2006(C8)(C11)
2008(C1)(C2)(C9)
2012(C8)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。