まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツルマメ

ツルマメ トップ
マメ科
ダイズ属
Glycine max (L.) Merr. subsp. soja (Siebold et Zucc.) H.Ohashi

花は幅5mmから6mm程度。ダイズの原種とされている模様。
つる性で、頻繁に強く絡む。根元に近い茎質は木質化した感じもある。よく繁茂するが、花はひとつの総状花序に1個?2個程度だけが同時に咲くものが多めで、茎の節間がかなり開いているので華やかには見えない。色も少し渋い。

随分小さいわけだが、結構美味しそう。某河川高水敷で草見をしている際にツルマメの豆を摘んでいる方がいたのでお話してみたところ、美味しいらしい。韓国の方っぽかったが実際どこかは不明。

全景と花の様子

ツルマメ 全景 ツルマメ 花

花の拡大

ツルマメ 花 ツルマメ 花 ツルマメ 花
同時に咲いている花数はまばらなのだが、花序をよく見ると総状で蕾が多数見える。
同系統の色合いで、下の花弁の方が色が薄い。花色は赤系のある紫だが落ち着いた色合い。左右の翼弁は強めに閉じているので内側にある竜骨弁は見えないものが多い。
萼は毛深くて分かりづらいものの濃い紫。

葉、茎の様子

ツルマメ 葉 ツルマメ 葉 ツルマメ 茎
柄のある3出複葉で、小葉は先の尖る狭卵形。基部の丸みが弱く披針形らしい形状のものも見られる。
小葉は3cmから4cm程度だが、たまに8cm程度と巨大になる。頂小葉のみ柄が長い。また、3枚の小葉は面の角度が異なり、頂小葉と側小葉2枚で何かを挟むような向きにぱたっと閉じているものが多い。(日差し次第。)
全草に渡りかなり毛深く、葉も、ややつやがあるので分かりづらいのだが、実は結構毛深い。
茎はつねに捩れている模様。

果実の様子

ツルマメ 果実 ツルマメ 果実 長さ3cmから4cm程度。かなり毛が多い。実着きはかなりよい。ミニチュア的だが枝豆(ダイズ)そのものだ。
裂開してくるくる捩れた豆鞘の殻は数個ずつがかたまったものがそれぞれ離れていて面白い。
枝豆と同じような青い状態のものをちょっとかじって味を確認したが、同じような感じだった。茹でて塩味付ければ多分サイズ以外同じようなものかと。(※野草は毒性があるかもしれないので推奨しない。)

おまけ

ツルマメ 四つ葉 四葉(4小葉)のもの。これを見て幸運になるかというと…?


花確認:
2006(F8)(F9)
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)
2009(F8)(F9)
実確認:
2006(C9)
2007(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C2)(C10)(C11)
2009(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。