まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ジシバリ (イワニガナ)

ジシバリ (イワニガナ) トップ
キク科
タカサゴソウ属
ニガナ属
Ixeris stolonifera A.Gray

頭花の径は1.5cmから2cm程度と、オオジシバリ(3cmから3.5cm程度ある)と比べるとかなり小さいため、遠目にもタンポポのように見えることはない。
草丈は(花茎で)高くて10cm程度と低いが茎はよく地表を這い頻繁に分枝する匍匐枝となり、周囲に根を張って大株になっているのが普通。
葉が多くて地面を覆うため分かりづらいが、隙間をよく見るとネットのようになっている。
花茎も匍匐枝も1mmからせいぜい1.5mm程度と細く瑞々しい感じでなよなよしていて、整った小さな葉と相まって小型のテーブル用観葉植物のような感じ。かわいらしい。
べたっと地面に張りついているため、他の植物が伸びてくる時期には葉は見つけづらい。

葉も花もやたらのっぺりしていて影もできにくいので、そのまま質感と立体感を維持して写真にすることができない。


※ニガナの仲間が「Ixeridium」(「Ixerisに似た」という意味の属名)属へ移っているので、そうなるとIxeris属の和属名は何と呼んでよいのか。残念ながらタカサゴソウ属というきわめて「残念な」というか「マイナーな」感じになってしまっている模様。
どうせ学名と違って和名や和属名は一意にする規約自体ないので、勝手にジシバリ属とでも呼んでしまえば都合がよいが、まぁやむを得ない。今更混乱を広げても仕方ないので。

全景の様子

ジシバリ (イワニガナ) 群落の様子 ジシバリ (イワニガナ) 全景 ジシバリ (イワニガナ) 全景 ジシバリ (イワニガナ) 全景
先端でのみ栄養繁殖体を作る走出枝(ランナー)ならまだしも、匍匐枝(ストロン)は各節で発根してそれぞれ栄養繁殖体として独立できるわけで、特に好きではない場合、庭に生えると厳しいことになる。
私は庭があったら植えたいくらい好きだが。
ジシバリ (イワニガナ) 全景 ジシバリ (イワニガナ) トップ ジシバリ (イワニガナ) トップ
光沢がないせいで…肉眼では明るい部分が白っぽい黄色で立体感がちゃんとあるのだがカメラの素子で受光したらそれはあくまで「とことん黄色くなる」だけなので、立体感がない変なギアになってしまう。明るいままに立体感を残す方法がないので、ちょっぴり残念。(アンダーにして立体感を残すとどうやっても違う色・違う雰囲気。)
まぁそんな中でもそれなりに努力はして撮ったもの。まぁ見られなくはない、と思う。

花の拡大と蕾の様子

ジシバリ (イワニガナ) 蕾 ジシバリ (イワニガナ) 花 ジシバリ (イワニガナ) 花の拡大 ジシバリ (イワニガナ) 花の横顔と総苞
ひょろっとシンプルでなよなよ立ち上がった花茎の先に、タンポポより繊細で赤味のない黄色で舌状花の少ない小さな頭花をつける。
タンポポの色より繊細で赤味のない黄色で、可愛らしい。
小花は舌状花のみで、黒褐色で目立つ葯筒部のあるシベ(中央から突き抜けているメシベも、花柱・柱頭とも黒褐色)がつんつん突き出て目立つ。
小花数は実際に数えてみると印象よりも多い。
総苞は二段になり総苞外片は卵形から狭卵形、披針形で極めて小さく、総苞内片は線形で長く1cm程度ある。

葉の様子

ジシバリ (イワニガナ) 葉 ジシバリ (イワニガナ) 葉 ジシバリ (イワニガナ) 葉
ジシバリ (イワニガナ) 葉 ジシバリ (イワニガナ) 葉 ジシバリ (イワニガナ) 葉
ジシバリ (イワニガナ) 葉 長い葉柄を持つ。葉柄を除いた丸い葉身部分だけでは1cmから2cm程度。
葉形のバリエーションはかなり多様ではあるが、葉身は長細くならず広卵形・卵円形が多い
卵円形で基部側にちょんと張り出した角(かど)がある形が最もかわいらしいと思う。(基部が切形に見える。)
羽状に切れ込む場合もたまにあるがかなり珍しく、強く出てもせいぜい一対だけの角(かど)がはっきりした角(つの)になる程度。
先は丸い場合が多いが、尖るものも中にはある。
基部では葉柄にゆっくり流れるようなことはなく急激に細まるため葉身と葉柄の境界がはっきりしている。

匍匐枝と発根の様子・花茎の様子

ジシバリ (イワニガナ) 葉と匍匐枝(ストロン) ジシバリ (イワニガナ) 匍匐枝(ストロン)
地面にびっしり生えている匍匐枝(ストロン。地を伸びて先に子株を作る走出枝(ランナー)ではない)。
ジシバリ (イワニガナ) 節からの発根 ジシバリ (イワニガナ) 節からの発根
ジシバリ (イワニガナ) 伸び始めた節の根 節では葉柄が急激にくねっと曲がって匍匐枝を1/3周巻くように逆側に出ている。葉柄基部のやや下(節下)にひとつふたつぷつっといぼ状の突起があり、その中央から次第に白い根が伸びていく。
匍匐枝には花茎同様、葉柄基部左右へ続く弱い稜がある。

ジシバリ (イワニガナ) 花茎の基部の様子 ジシバリ (イワニガナ) 花茎と微細な鱗片葉 葉腋では、くねっと基部側が張り付いた葉柄の内側から花茎が1本から3本程度出る。1本が多い。それぞれの花茎はひょろっと伸びて、そのまま1頭花つけるか途中で分枝して2、3頭花になる。
花茎にも1から数枚だけ、花茎に沿って上向きに張り付いている微細な三角状披針形の鱗片葉がある。この葉の基部左右から下に弱い稜が続いているが、肉眼ではほとんど分からない。


果実の様子

ジシバリ (イワニガナ) 果実 隙間のやや多い1.5cm程度の小さな綿毛玉になる。タンポポと比べれば頭花の花数がそれほど多くないため、やや寂しい感じ。
ひとつひとつは、痩果上部はタンポポのように長細く伸びはっきり柄になっているが、境界があるというよりはそのまま摘んで引っ張ったように柄になっている。上部では放射するように冠毛をつけている。痩果の色は暗い
軸の頭から痩果の下までの長さより放射する冠毛の直径の方が長い。


花確認:
2006(F8)
2007(F5)
2011(F5)
実確認:
2007(C5)

宮城県版のタカサゴソウ属へ または 宮城県版のニガナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。