まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウスジロノゲシ

ウスジロノゲシ 全景
キク科
ノゲシ属
Sonchus oleraceus L. f. lilacina

花は頭花の径で1.7cm?2.3cm程度、草丈は40cm?80cm程度。
ノゲシの白色(薄黄)品種。花色以外に違いは見受けられない。葉質に多少の違いがあるか?とも思った時期もあったが、数を見ると入り混じって特に差はないような気がする。
なお、花の中心部は黄色い。
大抵、茎や総苞表面に腺毛が生える。(生えない場合もあるが。)
元々なかったのだが、よそから土を持ってきて造成した場所に生えてきている。私が出歩くエリアのうち(無駄な)開発が盛んな二地域(はるか離れた場所)ではとてつもない勢いで殖えている。そのうち一方では、割合としてノゲシの方が少ない印象。

全景の様子

ウスジロノゲシ 全景 緑と黄色だけより、白も加わると色のコントラストがきりっといい感じ。
夏の日差しでこれを撮ると白い部分が丸ごと飛んでのっぺりしたギアのようになってしまうので撮影時は調整注意(葉が濃くて多少暗い色なだけに。)。

藤色気味のもの

ウスジロノゲシ 花 学名の通り淡い藤色になっているものもたまにある。(夕方で黄色被りしてわかりづらいが。)
(葉の棘のような鋸歯が顕著なもので見た目はオニノゲシみたいだが、質は軟らかく痛くない。)

中部と上部の葉

ウスジロノゲシ 中部の葉 ウスジロノゲシ 上部の葉 基部は強く茎を抱き、左右が合わさって円形になっている。
かなり上部までこれは変わらない。
表面は無毛のようだがつやはあまりない、白味の少しある緑。時折というかわりと高い確率で部分的に紫に染まり、まれに全草が紫。
よく切れ込む。先端は細くなり、鋭く尖っている。棘のような鋸歯があるが、オニノゲシと異なり見た目だけで、質は軟らかい。


花確認:
2006(F4)
2007(F3)(F4)(F5)(F9)
2008(F5)(F6)(F7)(F8)
2009(F4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。