まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカタカサブロウ

Eclipta alba (L.) Hassk.

花は7mmから9mm程度と小さい。
葉の表面も含め全草に渡りまばらだが目立つ伏した白い毛が生える。
草丈20cmから50cm程度。よく分枝するが全体的にやや立っている。

畑脇や荒れ地等乾燥地でもよく見かける。

タカサブロウとアメリカタカサブロウがあるのでタカサブロウは在来種のように聞こえるがどちらも帰化種。

全景の様子

アメリカタカサブロウ 全景 アメリカタカサブロウ 花と花後の若い果実

花と花後の拡大

アメリカタカサブロウ 花 アメリカタカサブロウ 花 アメリカタカサブロウ 総苞 アメリカタカサブロウ 花後
不揃いだが多数の舌状花がある。
総苞は披針形で、花期にはかなりつんつん立っている。
花後は膨れ、花期の倍近い大きさの円盤のようになる。
ちょっと不気味かもしれない。
葉(左上は表面の拡大)と全草の雰囲気
アメリカタカサブロウ 葉 アメリカタカサブロウ 全景 葉はかなり細長く幅1cm程度。線形に近い披針形。非常に浅く間隔もかなり空くが目立つ鋸歯がある。
葉柄はなく葉は茎を1/4程だけ抱く。
茎は赤みのある褐色に染まる。節の下部の数cm程度が極端に膨らんでいることもあるが、ないものも割とあり、タカサブロウとの区別にはならない。

果実期

アメリカタカサブロウ 痩果 アメリカタカサブロウ 痩果 アメリカタカサブロウ 果実
面白いが、じっと見ているとちょっぴり気持ち悪い。(その辺はひまわりなんかも同じだが。)
痩果を上から見ると菱形。短いが、冠毛がはっきり見て取れる。
タカサブロウとの区別は、「痩果の翼の有無」ではなく、翼がはっきりとやや丸っこく肥大しているかどうか。アメリカタカサブロウでも、ぼつぼつのない翼状の平坦な部分自体は多少ある。痩果の縁ははっきりとした少し丸い翼状にはならないため、楔のよう
サンプルはカメラの設定を誤ったため少し茶色っぽく写っているがタカサブロウと異なりもっと黒い。

簡略化した比較図

アメリカタカサブロウ タカサブロウ 痩果比較 左がアメリカタカサブロウ、右がタカサブロウ(モトタカサブロウ)の痩果。


花確認:
2006(F8)(F9)(F10)(F11)
2007(F8)(F9)(F10)(F11)
2008(F8)(F9)(F11)
2009(F8)(F9)(F10)
2012(F8)
実確認:
2006(C9)(C10)(C11)
2007(C8)(C9)(C10)(C11)
2008(C8)(C9)(C11)
2009(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。