まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ネコハギ

ネコハギ 全景
マメ科
ハギ属
Lespedeza pilosa (Thunb.) Siebold et Zucc.

花は5mmから6mm程度。
地を這って放射状に枝を伸ばし結構長くなる。全径で60cm程度にはなる。
茎・葉ともにかなり毛深い。柔らかい毛。
(写真が悪いので撮りなおし待ち。特に花。)

※沿線の大規模な都市開発で、これがあったエリアの全域から土地ごと消失。もう見られない。

枝全体の様子

ネコハギ 若い枝全景 段々と放射状に伸びるが若い部分はわりと上に伸びていたりして、特に全体がまだ若い晩春あたりにはみな直立。

花の拡大

ネコハギ 花 ネコハギ 花 元気のいい個体は花は3から5個程度かたまってつく。
旗弁の付け根付近にある強い紫の滲んだアクセントが目立つ。
翼弁、竜骨弁は紫は一切ない。

葉と茎の様子

ネコハギ 葉 ネコハギ 葉 葉はシロツメクサのような、先端が窪んでハートに近い水滴形の小葉で成る3出複葉。丸っこい形状がかわいらしい。


花確認:
2006(F8)
2007(F8)(F9)
実確認:
2007(C12)
2008(C1)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。