まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キンミズヒキ

キンミズヒキ トップ
バラ科
キンミズヒキ属
Agrimonia pilosa Ledeb. var. japonica (Miq.) Nakai

花は8mmから1cm程度、草丈は50cmから60cm程度、まれに大株になって1m程度。
穂状に近い総状(※一応はっきりした柄があるので。)に多くの花をつける。花序軸は太め。
似た種に、ヒメキンミズヒキ(やチョウセンキンミズヒキ)がある。
上部までよく分枝し、葉もかなり上部まで目立つ
ヒメキンミズヒキのような地際に葉がたまったひょろっと狭い円錐のシルエットにはほとんどならない。
また、花は同時に咲く花数がかなり多く遠くから黄色いブラシのようで目立つ。
ヒメキンミズヒキでは花序内で同時に咲く数が少なく、かなりまばら。大抵、同時には3から5花程度。

下部から花序軸まで白い上方に湾曲した短軟毛が密

全景と花序・花の様子

キンミズヒキ 全景 キンミズヒキ 花序 キンミズヒキ 花 にぎやかな花序。
花弁は倒卵形で、先端は広く丸くなっていて、たまに3裂している。
狭卵形のヒメキンミズヒキと比べると随分丸っこい。
オシベは8から12本程度はあり、5本程度のヒメキンミズヒキと比べ多い。
花柄は短いがちゃんとあり、苞葉は花柄の倍程度の長さで線形。
花柄はぴたっと軸に寄り添うように斜上する。

葉と托葉の様子

キンミズヒキ 葉 キンミズヒキ 托葉 不整奇数羽状複葉で、頂点の3小葉だけでなく途中にも大きな小葉が混じり、大きなものは5か7枚。ヒメキンミズヒキでは基本的に頂点の3小葉のみが大きい。
途中には密にかなりの数の小片状になった小葉がつく。
大きな小葉には菱状卵形が多いが、頂点の一枚は菱状倒卵形が多いか。
基部はくさび形。
鋸歯は顕著。小葉には柄はない。
軸は開出したやや縮れ気味の白い軟毛が密。
托葉は大きな広卵形で、結構目立つ、独特の摘んだような先端がかわいらしい。縁には数対、はっきりとした切れ込み(歯牙)がある。

果実の様子

キンミズヒキ 果実 キンミズヒキ 果実 果実はアポロチョコのような広い円錐を逆さにしたようなものに潰れた半球と小さな円錐を組み合わせたものが乗っているような形状で、基部の逆さ円錐には数条のスリットのように窪んだ部分があり、また、斜上する白軟毛が数条生えている。これに乗っている先の潰れた半球部には先が丸く曲がった棘が密に生えている。
軸にほとんど沿ったように斜上する花柄の先で花の基部で急に折れて果実が倒れている。


花確認:
2006(F8)(F9)
2007(F8)(F9)
2008(F7)
実確認:
2006(C8)(C9)
2007(C8)(C9)
2008(C7)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。