まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

メドハギ

メドハギ 枝
マメ科
ハギ属
Lespedeza cuneata (Dum.Cours.) G.Don

花は6mm×8mm程度で全草のバランスから言うとかなり小さい。丈は1m程度。
葉が非常に密につき、毛深い何かの尻尾のようになっている。
上部でも下部でも頻繁に分枝する。
茎は這って出ず地面から直立している。
花は小さく埋もれていて茎が長く風に揺れるので撮影が難しい。

枝と花の様子

メドハギ 全草 メドハギ 枝 メドハギ 花序・枝 メドハギ 枝
メドハギ 花 メドハギ 花 メドハギ 花 長く伸びた枝に大量の葉がついてところどころに花が見える。花数が少なく見えるが、実際には結構多い。
花は綺麗なクリーム色に赤紫の斑。よく見ると思ったより華やか、か?
ハイメドハギのように旗弁の先端側までよく染まっているものもある。

葉の様子

メドハギ 葉 長い倒披針形の小葉の3出複葉。長い葉では2cm程度。
ハイメドハギの場合、もう少し太めなのが一般的。
やや渋い緑色で、つやはない。
裏面にはくも毛のようにべたっと毛がまとわりつくように生えている。(縮毛ではない)
なお、遠目には茎から直接柄のない葉が生えているように見えるが、よく見るとそれなりの長さの葉柄がある。
茎の毛は若い枝以外では少なく列状に圧毛が生える。上部ではやや目立ち、列状ではなく全体的に少し開出しかけた中途半端な向きの毛が生える。

果実の様子

メドハギ 果実 黒っぽい焦げ茶色で、脈の筋が浮き出ている。
4mm程度。卵形から倒卵形で偏平、先端は摘んだように尖る。豆だが、それぞれ種子はひとつ。


花確認:
2006(F9)
2007(F8)(F9)(F10)
2008(F8)(F9)
2012(F9)
実確認:
2006(C11)
2008(C11)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。