まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギ 全景
マメ科
ヌスビトハギ属
Desmodium paniculatum (L.) DC.

花は8mm程度、草丈は50cmから1.2m程度。よく伸びると弓のように枝垂れる。
草地にしろ砂利地にしろ裸地にしろ、照りつけの強めな場所でよく見られる
ヌスビトハギの類とは花サイズも異なり、色がより鮮やかで花後色が変化することや、花柄や萼等の染まり等があることも手伝って、結構目立つ。
初期は瑞々しく柔らかいものの質自体はかなり丈夫。段々硬くなる。木質とは異なるのでぱきっとは折れない場合が多い。
いまだ、すっきりして分かりやすい全景写真・引いた写真を撮れずにいる。株の様子次第なので、数を探せばよい状況にも出会えるとは思うのだが、なかなか見つからない…。

全景

アレチヌスビトハギ 全景 非常によく分枝し開出角も広いため結構邪魔になる。
よく広げた枝は質がしっかりしていて他の植物を押さえつけ押しのけて草地でも下の方までしっかり日差しを得ている場合が多い。

花序の様子

アレチヌスビトハギ 花序 アレチヌスビトハギ 花序 アレチヌスビトハギ 花柄 アレチヌスビトハギ 花序
アレチヌスビトハギ 花序 花序は全体に比して大きくかつよく分枝する。
他の豆でもそうだが、一見長い総状花序の場合、実際には軸に一花ずつ連続してついているのではなく軸にこぶ節ができてこぶから1から3花が小花柄を出してつく。軸内では先端に行くほど1花だけになる。また、こぶは前のこぶのほぼ裏側につく部分が多い。
花柄や萼が赤く染まるので、かなり鮮やかに見え、小さな花だが目立つ。

花の拡大(と、下の説明のアオバハゴロモ)

アレチヌスビトハギ 花 アレチヌスビトハギ 花後 アレチヌスビトハギ アオバハゴロモ ハト 開いた広く丸い旗弁基部にある濃い紫縁の明るい黄緑のふたつの目のような模様が面白い。
旗弁完全展開後しばらくすると(花後)赤みが抜けて青くなってくる。(花弁が完全に萎れだすと極端に青みが強く濃くなる。)
縁が赤紫でぱたっと閉じている状態の時期には、昆虫の、通称「ハト(鳩)」と呼ばれるアオバハゴロモが留まっているように見える。
(ちなみに、私はそのアオバハゴロモが好き。)
なお、時折、花後ではなく咲く前に青っぽい色から始まるものもある。
翼弁はヘラ形で縁やややフリンジ状、色は先端側の縁付近が濃い。竜骨弁に張り付くようになるためあまり目立たない。竜骨弁は色が薄く、つんと上に曲がっている。左右縁が持ち上がるが広げるとややショベルのような形。
竜骨弁・翼弁がすぐ垂れるため、シベはすぐ裸出する。

アレチヌスビトハギ シベと萼横 アレチヌスビトハギ 萼横 アレチヌスビトハギ 萼後ろ アレチヌスビトハギ 萼後ろ すべてのシベはくっついて先端を上に曲げ、先端だけ薄黄色。
萼は4裂し、どの片も細くつまんだように尖る。萼筒部上側は帽子のようにふっくらしている。白い軟毛が生えているが、目立たない。

葉と茎の毛の様子

アレチヌスビトハギ 葉 アレチヌスビトハギ 葉 アレチヌスビトハギ 葉裏
アレチヌスビトハギ 托葉 アレチヌスビトハギ 托葉 アレチヌスビトハギ 托葉 細く整った図形的な三出複葉。先に向かって細いのだが小葉の先端は鈍い。
ヌスビトハギの類と比べると小葉の重心はかなり基部寄りで基部は円形か角丸四角状に近いタイプの円形。三小葉がほぼ同じ形状と大きさ。
ヌスビトハギよりノササゲの葉に似た形。
葉の表面には前方外方向にべったり伏した白い毛が散生する。
葉裏は細脈まで脈上から前方に伏した白い軟毛が散生している。また、微細なきらきらする先端がまばらにある模様。
葉柄は短めで7mm程度。
托葉は線状三角形で薄くなよなよしていて質が弱い。すぐ明るい赤褐色に萎びて脱落は早い
写真で▹をマークしたのは、下側がまだ残る托葉で、上側では取れ落ちた溝が横線になって見えている。(それぞれ、斜め下に向かっているのが葉柄。)
花序内でも花序軸の基部に同じようなもう少し広い三角形の薄赤いものがあるが、そちらも早くに取れ落ちている場合が多い。

アレチヌスビトハギ 茎 茎は緑地で畝が数本あり、畝だけ赤紫に染まる場合も多い。畝以外の部分には白く斜上する長毛が多数生える。

果実の様子

アレチヌスビトハギ 果実期 アレチヌスビトハギ 果実 実つきもよいが段々ぱきぱき分割して取れていくので寂しくなる。

アレチヌスビトハギ 果実 アレチヌスビトハギ 果実 左は莢だけが肥大してまだ中の豆が小さい状態。ぺらぺら。(光がやや透ける角度で撮ったので、背の方に薄い影が見える。)
熟しても偏平だが、一応ぷっくりする偏った偏平で卵形のブロックが縦にほとんど真っ直ぐ並んだような豆果。半分独立したような部屋に分かれ、実際この境界でぱきっと分断されていく。この平たい果実が豆っぽく莢を裂開させるのは見たことがない。種子は2から5個のものがあるが、多くは4個。
境が赤くなるのが面白い。
この境はヌスビトハギの類と比べるとそれほど深く窪んでいない。また、各ブロックは上側も(弱いが)膨らむので、形状はヌスビトハギの類とは大きく印象が異なる。
右はよく豆が膨れた状態。
やや莢に網目が見える。

アレチヌスビトハギ 果実の拡大 アレチヌスビトハギ 果実 この頃から、ばらばらに取れていき、道端では歩く人の裾にべたっと貼り付いていく。縮れた短軟毛が密生するがその他により短い腺毛も密生し、ベルクロの比ではなくべたっとしっかりくっつくため、素材によっては簡単には爪を引っ掛けたりしないと取れなくなる。
下手にこれの藪を通ると後が大変。救いは、刺さるのではなく貼り付くだけで済むタイプということ。ただし剥がした後に粘つきが残るので他のものがくっついたりする。

アレチヌスビトハギ 種子 中を取り出すと、キャラメルのような色のつやつやした偏平な豆の種子。(写真は昔のでかなり悪いのでそのうち撮り直す。)


花確認:
2006(F9)(F10)
2007(F9)
2008(F9)
2009(F9)
2010(F10)
実確認:
2006(C9)(C10)
2007(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C2)(C9)
2009(C9)(C10)
2010(C10)

宮城県版のヌスビトハギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。