まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノゲシ

ノゲシ 花
キク科
ノゲシ属
Sonchus oleraceus L.

花は1.5cm?2cm程度。草丈は20cm程度から1m程度までまちまち。
赤紫や濃い黒紫に染まるものもよく見られる。

葉は形状的にはトゲトゲしているように見えるが実際にはただの鋸歯で堅くなく、葉は全体しっとり柔らかい。
似た種に、実際に堅く棘のようになっているオニノゲシがある。
(オニノゲシはノゲシより強い緑だったりと見た目で分かるものも多々あるのだが、ノゲシ似のスタイルのものもあるので、触って確認するのが一番。…。後は葉の基部の形状も異なる。)

葉は基部が左右から茎を抱いている。
縁の形態はかなり変異があり、軸まで切れ込む深裂の三角形の組み合わせのようなものから、ほとんど鋸歯だけと言ってよい様なものまである。

元気のある個体の全景

ノゲシ 全景・花 春の個体は元気な葉のものが多い。白緑で瑞々しく、幅も広く、切れ込み具合も元気。

葉の特徴とオニノゲシとの比較

ノゲシ 葉の拡大 ノゲシ 葉の拡大 オニノゲシ 葉の拡大
基部は左右が大きく茎を抱く。基部左右は上方に持ち上がらないため裏が横から見えることはなく、またその先端ははっきり狭三角形になる。
中心線側に向かうものも、左右に開いていくものも見られる。
オニノゲシの場合右の写真のように、左右が強く持ち上がって茎に張り付き、基部先端は丸い形状。ギアのように見える。

腺毛のあるタイプの茎の様子

ノゲシ 腺毛のある茎 基本的に無毛でわりとつるつるしているが、総苞や茎の各所に腺毛(やや硬め)を散生させるものもある
この写真は二本とも同じ個体で分枝したもの。同じ個体内や上下の位置でも腺毛の具合はだいぶ異なる。

幼生期の様子

ノゲシ 幼生期の葉 ノゲシ ロゼット 左、とても小さい一枚2cm?4cm程度のこの状態でも、ノゲシらしい質感は既にある。
右はよく育った春前のロゼット。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F10)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)(F10)(F11)(F12)
2008(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F7)(F8)(F9)(F10)(F12)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)(F8)(F9)(F10)
実確認:
2006(C5)(C6)(C10)(C11)(C12)
2007(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)(C10)(C11)(C12)
2008(C1)(C4)(C5)(C8)(C9)(C12)
2009(C1)(C3)(C9)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。